昨日、肝炎ウイルス遺伝子がラエンネックに混入していたのではないかとの疑惑に対して、製造元(株式会社日本生物製剤)および、第三者機関による検証の結果、薬剤の製造工程で適切にウイルス不活化処理が行われていることが確認出来たとの報告がありました。安全性が再確認出来ましたので、当院でも平成30年9月19日(水)からラエンネック(プラセンタ注射)を再開いたします。