10月のお花

2017年10月17日

クリニックに10月の生花が届きました。

クリニック入口に飾っておりますので、どうぞご来院の際には、ゆっくりとご覧下さい。

 

フラワーデザイナーからのメッセージ

秋バラのブーケ、香りも楽しんでくださいね。
 
バラ名
ピンク(アンジェリークロマンティカ)山形県産
ホワイト(シェドゥーブル)滋賀県産
 

 

朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal 

腹筋120回 

PRP治療再開④

2017年9月8日

院内設備リニューアルのため、ブログが空いてしまいました。

 

PRP(多血小板血漿)治療の最終回です。

 

PRP治療の実際で、美容的に効果のある部位は、目元のシワ・首の小じわ・法令線・マリオネットラインなどになります。

治療を希望される方の施術の流れを説明します。

 

施術の流れ

①カウンセリングを行い、PRP治療の適応があるかどうかを判断します。

②当院で採血を行います。採血量は20~60mlで何回治療をするかで量を決めます。

 採血した血液は、すぐに専門の研究所(L-CAT)に搬送されて、清潔な製造室でPRPが作成されます。

 さらに無菌検査を行い、細菌の混入もチェックします。

③以上の操作とチェックに時間が必要な為、1週間以上開けて来院していただき施術となります。

④施術部位に塗り麻酔を30分以上行いPRPを注入します。

⑤PRP治療後は、部位により皮下出血することがありますが、1週間程度です。また術後の腫れや痛みは数日から2週間程度で収まります。

⑥効果が発現するまで2週間程度が必要です。状況に応じて複数回(一度の採血で3回まで・採血より3ヶ月以内)施術します。

 

最後に

自分自身の血液を使い、専門の研究所で加工されるため、感染やアレルギーなどの心配あがありません。人工的な成長因子をミックスさせる方法は採用していませんので、シコリや膨らみすぎてトラブルになることはありません。効果の発現までは時間がかかりますが、効果は約1年持続することが多いのが特徴です。効果が不十分な場合には、ヒアルロン酸なども補助的に使用することも可能です。

 

 

詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

 

朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal  (右膝痛のため休養)

腹筋120回

PRP治療再開③

2017年7月26日

シワ治療目的で使われるヒアルロン酸とPRP治療の効果の違いを図示した資料があります。

このように,ヒアルロン酸とは違い、PRPに含まれている様々な成長因子とサイトカインが、自家組織の主に繊維芽細胞を刺激して、皮膚の若返り効果を期待するのがPRP治療になります。ヒアルロン酸と比較すると効果の発言に時間がかかり、効果に個人差が大きいこともありますが、安全で副作用が少なく効果が長く持続(1年以上)が特徴です。1度作成したPRPは、3か月保存が可能なため、1度の採血で複数回の投与が可能です。

 

次回に施術の流れについてブログします。

 

朝の走行距離8.69km 消費カロりー564kcal  

腹筋240回

向暑のお花

2017年6月27日

クリニックに初夏の生花が届きました。

クリニック入口に飾っておりますので、どうぞご来院の際には、ゆっくりとご覧下さい。

 

フラワーデザイナーからのメッセージ

紫陽花のパニエアレンジメントをお届けします。
青いベリーの実を添えてみました。
 

 

朝の走行距離9.49km 消費カロりー601kcal 

腹筋253回