雨でランニングできません。

2011年5月30日

3日続けて朝から雨でランニングできませんでした。

そこで久しぶりに『ビリーズブートキャンプ』のDVDを出してきて、腹筋プログラムをしてみました。少し腹筋が痛いです。

wikipediaより

ビリーズブートキャンプBilly's Boot Camp、正式にはBilly Blanks Boot Camp)とは、ビリー・ブランクスが考案した短期集中型エクササイズ、及びそれを収録した映像ソフトウェアの題名である。米軍における新人向け基礎訓練である「ブートキャンプ」がベースになっている。ビデオの映像に従って運動し、7日間の減量プログラムを消化するという、短期集中型のエクササイズである。普段、運動から遠ざかっている人には過酷である反面、正しく実行できれば激しい有酸素運動により、エクササイズ効果を期待できるプログラムである。効果には個人差がある。

2005年発売だったそうです。もう5年以上経つんですね。

ビリー隊長は2009年に日本人と再婚して、今は大阪で活動しているんですね。日本の永住権を申請中だそうです。

 

それにしても昨日のダービーは、道悪にもかかわらず、1番人気のオルフェーブルが11頭ぶっこ抜きで勝利しましたね。同期7458頭の頂点です。菊花賞もとって、3冠馬になりそうです。馬券は買い方が超へたくそでトントンでした・・・・残念・・・・

 

 

昨日の走行距離 0 km  カロリー消費 0 kcal

今朝の走行距離 0 km  カロリー消費 0 kcal

 

シミについて(5)

2011年5月27日

シミについて5回目のコラムです。

 

そばかす(雀斑斑)

3歳以降に発症する顔面色素斑。1~5mm大の色素斑がほぼ均等に並んで、下眼瞼~頬から鼻根部を中心として、場合により上眼瞼・額・口周囲にまで及びます。女性に多く、思春期に目立つようになり、中高年では目立たなくなり、妊娠時に増悪します。日焼けは明らかな増悪因子です。レーザー・光治療などによく反応しますが、長期的には再発することが多いので、追加治療を必要とする場合がしばしば見られます。光治療(スーパーフォト)は、数回の治療を必要としますが、ダウンタイムがありません。レーザー治療はQスイッチYAGレーザーでほぼ顔面全体を低出力で照射します。治療効果は高いのですが、薄いかさぶたが取れるまで数日かかりますので、ダウンタイムを考慮しなければなりません。

 

炎症性色素沈着

外傷・熱傷などの皮膚の損傷が治癒した後に起こる皮膚の色素沈着です。色素沈着の程度は外傷の程度・部位・炎症期間などによって左右されます。その本質は一過性の生体反応による色素沈着です。時間とともに自然治癒します。シミのレーザー治療や各種皮膚科処置(液体窒素など)の後にも色素沈着はしばしば認められます。

特にレーザー治療後かさぶたが取れて肌色になった後、2週間ぐらいして起こる色素沈着は、シミの再発ではなく、炎症性色素沈着です。その場合4~5週で最も濃くなることが多いですが、3~6ヶ月で薄くなってきます。

ハイドロキノン治療及びトラネキサム酸内服が有効です。

 

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

 

13歳以上(多くは20歳以上)に初発する顔面色素斑で、顔面の頬骨部・こめかみ部・鼻翼部・眼瞼部・前額部に両側性に灰褐色の色素斑を示します。遅発性両側性大田母斑様色素班とも言います。(片側性の部分があってもよい)ADMの本質は遅発性の『母斑』と考えられます。したがって、当院ではシミの中で唯一、処置を保険診療で行うことのできるシミです。

35回のQスイッチルビーレーザー治療が有効ですが、炎症性色素沈着を起こすことが多いため、比較的長期の治療が必要です。

 

今朝の走行距離 5.5 km  カロリー消費 404 kcal

 

13

3歳以降

芸術の初夏!?

2011年5月25日

水曜担当、有馬がお送りいたします。

 

しぶいですね!

ふるあめりかに袖はぬらさじ 

劇団新派が三越劇場にて6/4~6/25開演いたします。

なぜ、こんなしぶいことを書いているのかと言うと、ここに出演する藤吉というイケメン役の井上恭太さんは

小学校からの同級生なのです。

友人と観に行こうと思っています。

徳川幕末のお話です。イケメンの友人が頑張っている姿をみて、

私も頑張ろうとおもえるように!!

皆さま、是非、6月は三越劇場へ!

シミについて(4)

2011年5月20日

今回はシミについて4回目のコラムです。

 

肝 斑

16歳以上に発症する後天性の顔面色素斑で、左右対称に目の下の頬、眉の上(額)、鼻の下などの口の周りに、ぼんやりとあるいはべったりとでてくる薄茶色のシミ。多いのは、左右対称に目の下に出てきます。レバーのような色調をするため肝斑という名前がついていますが、肝臓が悪くて出てくるのではありません。病状に変動があり、女性に多いシミです。

 妊娠、分娩、閉経、経口避妊薬の投与などをきっかけに出てくるので、女性ホルモンとの関係が言われており、紫外線をあびると濃くなったり、疲れ、ストレスや睡眠不足で濃くなり、ホルモン以外の要因も関係すると従来は考えられていました。

肝斑そのものの根本原因は未だにはっきりせずいろいろな治療法が開発されていますが、効果にばらつきが多く混乱している状態です。

新しい考え方として、肝斑の病態は『慢性過刺激(こすりすぎ)』による表皮バリアの破壊に起因しているのではないかと、シミの大家:葛西健一郎先生が提唱しています。その証明として肝斑の発症年齢はみごとに「化粧をする」年代と一致していることがあげられます。

治療法はトラネキサム酸内服(トランサミン)が第1選択です。それに加えて保存療法を指導します。とにかく肌をこすり過ぎないように指導して、状態が落ち着くまで、マッサージ・パック・エステなどの肌に刺激を加えることを避けるようにします。

レーザー治療は基本的には禁忌です。、最近QスイッチYAGレーザーのレーザートーニング(弱いパワーで照射する)が有効と言われてますが、まだ効果に対する正確な評価はされていません。

老人性色素班を合併している場合は、トラネキサム酸内服と長期間・低濃度のトレチノイン・ハイドロキノン療法が有効です。

 

今朝の走行距離 8.7 km  カロリー消費 641 kcal

 

一般的 

おもに30

ザ・ヨコハマ

2011年5月18日

お天気のいい週末でしたね!

みなとみらいの日本丸は帆を張っていて、圧巻でした:D

水曜担当、有馬がお送りいたします

どうしてもおいしいパンが食べたくなって

コレットマーレにサンマルクがあったので行ってきました

お店からの写真です。これぞ、ザ・ヨコハマっていう景色ですよね!

結構すごい良い景色で、このお店だけは開店から、結構お客さんがいました。

お天気の週末、この時期は特にいいですね。

日本丸の前で。横浜商業高校の吹奏楽部がライブしていました。毎年やっているようです。

おいしいパンで満たされて、音楽も聴けて、晴れの日に公園を散歩して

四季があるのが日本の良い所ですが、この時期がもうちょっと長くてもいいなぁ。。。

おまけ。
アンパンマンミュージアムのドキンちゃん’s cafe のフレンチトースト

これで1000円、、、。

やなせたかしさん、どうか被災地のこどもにアンパンマンで貢献して頂けますように!!

 

メルトダウン

2011年5月14日

恐れていた『メルトダウン』という言葉がとうとう東電・政府から発表されました。一号機はどこまで穴が開いているのかわからない状態です。だいたい水を毎時10トン近くも入れて、水位が上がらないといつも報道していたのですから、穴があいてることくらい小学生でもわかりそうなものです。細野補佐官が『想定外』と発表していましたが、これが本当であれば大問題ですが、今までの経緯から見て、早い段階からわかっていたのだと思います。

ここのところ政府は悪い情報を小出しにして、本当の状態を誤魔化しているように見えます。マスコミも少々飽きたのかメルトダウンをトップニュースで伝えていません。今こそ科学者が出てきて、対策について正確なコメントが必要なのだと思います。また、マスコミも東京での東電幹部や政府だけを取材せず、原発で実際に仕事をしている人々に目を向けるべきです。なぜマスコミの取材は原発内部に入って行かないのでしょうか?制限区域内に入って実際に取材して真実を語ったジャーナリストは青山繁晴と上杉隆しか知りません。どうなっているのでしょうか??

もうひとつ福島の報道で感じることですが、飯館村の避難のことです。あのチェルノブイリの人が住んではいけない30km圏内よりも、セシウムの放射線量が高い地域もあるようです。今頃避難と言っていますが、もうこれは即退去、移住しなければならないと思います。これだけ世界から注目されているのですから、もっと真実を隠さず示して迅速な処置をしていかなければならないと思います。復興ももちろん大切ですがメルトダウンに対して、もっと多くの人数と知恵を集結していくべきです。日本は大丈夫でしょうか・・・・・・

 

今朝の走行距離 8.4 km  カロリー消費 620 kcal

it’s rainy day

2011年5月11日

雨ですね。

水曜有馬がお送りいたします。

私は6月うまれだからか、小さい頃から雨の降り出した時が好きでした。
降り出した雨でほこりが沈むのか、独特のにおいがしませんか?:D

あのにおいがなんとなく好きでした。

学校からの帰り道に、水たまりになったマンホールを踏みながら、家まで何個あるか数えて帰ったり、
カエルやかたつむりを草の陰に見つけたり

なんだかとっても記憶の奥~~のほうにある、ほんわかとした思い出です。

少し物思いにふけりながら、時間を過ごすのも,こんな日はいいですね。

これからの子供たちは、ゲームや放射能や、塾やなんかでこういうちょっとした事を見つけられなくなっていくのかなぁ。

いつの時代も、子供の本質は変わらないはずで、
それは我々大人が、守ったり、与えたり、自由にしてあげなきゃいけないことなんだろうな、

なんて思ってしまいました。