ボトックスについて(1)

2011年10月21日

今日から、何回かに分けてボツリヌストキシン療法について書いていきたいと思います。

ボツリヌストキシンによる美容的な治療は、2002年に米国FDAによりBotox(商品名)による眉間のしわの治療が許可されて以来急速に普及して、今や美容医学における代表的な非手術療法の1つとなっています。日本では、2009年に(株)アラガン・ジャパンからボトックスビスタが成人の眉間のしわの治療に対し厚生労働省から認可され、広く使われるようになりました。現在70カ国以上で承認されています。今回はボツリヌストキシン(毒素)の作用について説明したいと思います。

 

ボツリヌス毒素は、グラム陽性偏性嫌気性桿菌であるボツリヌス菌によって産生される毒素です。この毒素は抗原性により7種類(A~G型)に分類されています。自然界に7種類あるボツリヌス毒素のうちA型が最も毒性が強く安定しているとされています。このボツリヌス毒素を米国のScottが1977年に初めて斜視に対して臨床応用し、その後、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢痙縮、下肢痙縮および小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足の治療にも用いられるようになりました。

ボツリヌス毒素製剤の作用は神経筋接合部で神経終末に作用し、アセチルコリンの放出を抑制します。これにより、アセチルコリンを介した筋収縮が阻害され、筋の攣縮および緊張を改善します。

下記に実際の効果のわかりやすく、作用についての図式を示します。

したがって、筋肉を動かすことによって出来るしわに効果があるのです。

数々のボツリヌストキシン製剤がありますが、美容医療市場ではボトックスとディスポートが大多数のシェアを占めています。ボトックスは国によって美容適応に対して名前を使い分けていて日本ではボトックスビスタとして販売されています。中国製・韓国製などの廉価なボツリヌストキシン製剤もありますが、美容領域での効果に関するでーたは十分でなく厚生労働省の認可もないため、横浜すずきクリニックでは、ボトックスビスタのみを採用しています

今朝の走行距離  5.5 km  カロリー消費 396 kcal