東京マラソン1か月前

2012年1月27日

今朝は、とうとうマイナス1度で夜明けが6:45でした。防寒服で筋力維持のためのランニングして、少し汗をかいたところで終了としました。とうとう東京マラソンまで1カ月です。

その前に神奈川マラソンが2/5にあります。

磯子駅の裏からいそご海釣り場を折り返して走るハーフマラソンです。今回で4回目の参加になります。去年が1時間58分38秒でしたので、今回は1時間50分を下回ればと思いますが、フルマラソンがありますのであまり無理もできないかと思っています。

しかし今月号のランナーズには、飛ばして快走『ハーフマラソン』という記事がありまして、

①スタミナを使い切るための思いきりが必要

②エネルギー切れがないため、きついと感じてからも走りきれる。

③ペースを抑えるとリズムに乗り切れない。

 

要するに前半から思い切って強めで攻めて、後半どこまで粘れるか??に挑戦して下さいと書いてありました。

少しやる気が出てきました。今週末同じ20kmをゆっくりと走って(LSDして)、備えてみたいと思います。

 

 

今朝の走行距離 5.7 km  カロリー消費 410 kcal

 

 

ホノルルマラソンゴールの瞬間

2012年1月24日

昨夜は雪が降り、今朝、家のベランダは少し雪が積もっていました。おそるおそる走ってみましたが、ほとんど凍結はしていなかったので、いつものコースをゆっくりとランニングしました。お正月期間もランニングを続けてきましたので、ホノルルマラソン前より1kg体重が落ち、体脂肪率も18代になりました。東京マラソンまでにあと体重を2kg減らして体脂肪率17にしたいのですが、これから1カ月もう少し食事を節制しなければならないようです。

ホノルルマラソンで走っている姿を撮影した写真がデータとして先日やっとオールスポーツコミュニティから送られてきました。オールスポーツコミュニティは、プロカメラマンが各地で開催 されるサッカー・野球・マラソン等のスポーツイベントにおいて撮影を行いその撮影した写真をインターネットで閲覧しながらプリント注文できる会社です。オールスポーツのサイトで自分のゼッケン番号で検索すると、少しでも写っていれば、全ての自分の写真が出てきます。この前始めて利用して、横須賀シーサイドマラソンのゴールの瞬間のみ購入しましたが、今回は海外での初フルマラソンという事もありデータとして全ての写真を購入しました。CDの中118枚の写真で7980円高いのか安いのか??微妙な値段設定です。

これがゴールの瞬間でした。自分としては思いきり手を挙げたつもりですが全然挙がってません。腰に巻いてるTシャツはゴール手前5kmの所で無料で配っていたものです。奪い合うようにしてゲットしてきました。何か疲れきっていてさえないフィニッシュです。

東京マラソンではもっとかっこいいフィニッシュをカメラ目線で決めたいと思います。(また、オールスポーツで買う予定ですが・・・完全にオールスポーツコミュニティの術中に嵌まっているようです)

 

今朝の走行距離 9.2 km  カロリー消費 655 kcal

城願寺のビャクシン

2012年1月23日

お正月休みに、東海道線・湯河原駅で坂の上にある城願寺に行きました。そこには、国指定天然記念物のビャクシンがありました。(幹周/6.0m、樹高/20m、樹齢/800年)

ビャクシンはイブキとも呼ばれ、京都の東福寺や大徳寺、鎌倉の建長寺などの禅宗寺院に多く植えられています。

このビャクシンは、石橋山の合戦で源頼朝を助けた土豪の土肥実平が手植した樹と伝えられています。

独特のねじれがある樹木で山門からの眺めは迫力ありました。今度建長寺で探してみたいと思います。

 

今朝の走行距離 7.3 km  カロリー消費 517 kcal

横浜で初雪

2012年1月20日

今朝、東京都心と横浜で初雪がありました。

 

yahooニュースより

20日午前3時50分頃、東京都心の大手町では雨がみぞれ混じりに変わり、初雪を観測した。

横浜市でも同日午前4時10分頃、初雪となった。

東京管区気象台によると、東京都心の初雪は平年の1月3日と比べて17日遅く、昨年の12月30日と比べても21日遅い。

この雪は20日夕方にかけて降り続き、21日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、東京23区の多い所で2センチとなる見込み。ただ、都心で雪が積もる可能性は低いという。

 

毎朝ランニングする6時半頃は、みぞれというよりも雪が少し降っている状態で、道路は凍結せず、雪も積もっていなかったので何とかいつもと同じように走ることができました。2週後に神奈川マラソンのハーフマラソンがありますのでなるべく体力を落とさないようにトレーニングしています。

目標は1時間50分を切ることなので、前半少し飛ばしていかねばなりません。後半は一度フルマラソンを走っている筋力でそのまま押し切ってみたいと思っています。もちろん東京マラソン3週前の前哨戦としても意味があるハーフだと思っていますので頑張ります。

 

 

 

今朝の走行距離 10.9 km  カロリー消費 772 kcal 

1/8 美容外科ワークショップ③

2012年1月19日

前回の続きです。

 

フェイスリフトの講演後に、会場である湘南鎌倉病院の新しくなった外来と組織培養の施設を見学して、岐阜のいちだクリニック・市田正成先生の脂肪注入のハンズオン講義になりました。

 

 

ハンズオンHands-on 直訳は「手を置く(手を触れる)」)とは、体験学習を意味する教育用語。参加体験、実用的体験、インタラクティブ体験、実習、実験、体感など、体を使うことによる学習補助教育手法を指す。またトレーニングなどにおいては専門家から直接手取り足取り指導を受けることも意味する。

本で学ぶだけでなく実際に行った方が学習効果が上がるという考えに基づく。幼児教育から成人の職業教育音楽スポーツの体験教室、実用英会話教室まで幅広い範囲で使われる言葉である。

 

市田先生は、片手で鶴の折り紙が左右同時にできるほど非常に手先の器用な先生であり、なおかつ非常に知識が豊富・勉強家で常に新しい技術を追い求め、我々が最も信頼している先生です。今回は、ハンズオンですので、実際に患者さんを連れてきて、脂肪注入の実際を本人の解説つきで近くで見学できるという講義でした。

今回は採取した脂肪を遠心分離器にかけて、活性があって生着率の高い脂肪幹細胞を注入するというものでした。自己脂肪注入が、新しい時代に変わっていくのが実感できました。今までに、捨てていた浸出液や血液の中に生着率を向上させる成長因子や脂肪幹細胞が存在していたことを、理論と経験に基づいて説明されていました。それにしても、麻酔の方法、注入技術の繊細さなど、非常に参考になりました。(自分の技術がまだまだだと痛感です)市田先生ありがとうございました。

 

今朝の走行距離 11.1 km  カロリー消費 792 kcal 


 

 


美容外科クリニックのウェブサイトについて

2012年1月17日

昨日のニュース社会面で、美容外科クリニックのウェブサイトの過剰広告にについて厚生労働省の方針を報道していました。

 

 

厚労省、美容クリニックの施術前後写真などのウェブサイト掲載を禁止へ

 

 

美容クリニックのウェブサイトに掲載されている、いわゆる「ビフォーアフター」写真。厚生労働省は、こうした写真のほか、「芸能プロダクション提携クリニック」や「キャンペーン今だけ○○円」などといった表現を、ウェブサイト上に掲載することを禁止する方針を決めた。プチ整形や脂肪吸引など、美容クリニックのウェブサイトに掲載される、施術前とあとの様子を写した、いわゆるビフォーアフター写真。街の人は、「なかなか写真通りにはいかないかな」、「(写真のように)なれるとは思わないけど、参考にはなるのかなと」と話した。厚生労働省は、これまで規制の対象になっていなかったウェブサイト上での記載内容について、規制する方針を決めた。美容外科・北村クリニックのウェブサイトには、「えらが張っていて男っぽい印象でした」、「ナチュラルなフェースラインで、卵形のかわいい顔になりました」と、施術前後の比較写真が掲載されている。美容外科・北村クリニックの北村義洋院長は「これは私どもの雑誌用の広告です。雑誌に関しては数年前から、ビフォーアフターの写真に関しては、一切禁止ということになっています」と話した。医療機関の広告は、医療法で厳しく制限されていて、雑誌広告などでは、現在、比較写真や体験談などの掲載も禁止している。厚労省は、2012年度中に、これまで対象に含まれていなかったウェブサイト上の掲載も、禁止する方針。

美容外科・北村クリニックの北村義洋院長は「これは、ごくオーソドックスにやっている、切らないでやる二重まぶた手術の術前術後。写真があった方が、わかりやすいというのは、これは確かだと思います。病院によっては、手術前のビフォーの方をなんとか貧相に撮って、術後のアフターをきらびやかに撮って、差を見せつける。そのへんを厚労省は問題にしているのであろうと」と話した。

内閣府の調査によると、クリニックを選ぶ際、3人に1人が体験談、5人に1人が施術前後の写真が決め手になったとしているが、今回、厚労省が規制に乗り出したのは、そうした宣伝に関するトラブルの増加にあった。

国民生活センターに寄せられた美容クリニックの宣伝などに関する相談件数を見ると、2010年は、5年前に比べて2倍近くに増えている。

国民生活センターの清水碧里さんは「美容医療サービスについて、毎年たくさんの相談が寄せられているのですが、最近は、インターネットで『ホームページには手術代が約6万円と書いてあった病院に行ったところ、最終的に、総額約70万円の手術を承諾してしまった』と」と話した。

街の人は、こうした規制に、「見た目とかそういうのは、言葉で伝えるのは難しいから、写真は大事だと思う」、「誇大広告が本当にあるんだとしたら、なくなった方がいいと思いますけど」と話した。

多くの体験談とあわせ、施術前後の写真をウェブサイト上に掲載している大塚美容形成外科の石井秀典院長は、今後の対応について、「ビフォーアフターの写真を載せるのは、説明する意味では非常に大切だと思うが、それを超えてしまっているかなと思われるクリニックは、確かに見受けられます。野放しだったと思います。厚生労働省で認められた中で、広告活動をしていく分には問題ないと思うので、患者さんが誤認識というか、そこに至らないような広告であれば、問題ないと思いますけども」と話した。

 

 

 

当クリニックでの写真は、すべて教科書に掲載されている写真や製薬業者の説明用写真を使っており、患者さんの写真ややらせの写真は使っていません。美容外科として医療を提供しているわけですから、虚偽を掲載することは決してするべきではありません。イメージで治療する訳でもなく、キャンペーン価格など適切な値段を始めから設定していれば、全く必要ありません。

最近のマスコミの傾向として、視聴率を取るために人の病気やちょっとした変形をショー形式にしておもしろおかしくさらに劇的に演出している番組が目立ちます。それに乗っかる医師も問題だと思います。この傾向にはやはり歯止めをしなければならないと思います。人の病気や変形をおもちゃにしているようで悲しくなります。

この記事にあるような過剰宣伝する美容クリニックが一部あるために、なかなか世間から認められ提供させていただきたいと思います。ません。そのような目で見られている診療科であるからこそ、医学的根拠に基づいた正しい適切な治療を提示し、十分に患者さんとコミュニケーションをとって、診療していきたいと思います。

 

 

今朝の走行距離 13.0 km  カロリー消費 925 kcal 

1/8 美容外科ワークショップ②

2012年1月16日

今日は、ワークショップの内容についてブログします。

①フェイスリフト;今の手技

フェイスリフトで有名なサフォクリニックの白壁征夫先生と、アンチエイジングクリニック宇津木流の宇津木龍一先生が講演されました。

 

フェイスリフトとは、

顔の皮膚のたるみやシワ手術取り除くこと。手術では、傷が目立たないうに頭部毛髪の中などを切開して、余分な皮膚のたるみを筋膜ごと引き上げる。部分的に行うミニリフトや内視鏡によるリフトレーザーによるリフトなど、さまざまな方法がある。

白壁先生は、ベーシックな手術方法を説明して、今現在クリニックで行っている手術術式について新しい改善点やコツをビデオ映像に沿って詳しく教えて頂きました。短時間で効率的に術後の腫れが少なくなるようにいろいろな工夫がされていました。『アジア人のための腫れないフェイスリフト』として、Apple Storeでその映像を購入できるようです。白壁先生の手術は私のクリニックの手術方法とほぼ同じで、とても参考になりました。

 

宇津木先生は、なぜ『老け顔』になるのかについて、たるみ以外の要素として、肌の老化が非常に大きな要因を占めると説明していました。私も同感で、東洋人の顔の老化は、しわ・たるみよりも、肌の改善がまず優先されると思っています。なぜならば、東洋人の肌は白人と比べて厚いのでしわになりにくく、老化がシミで現れてくるからです。フェイスリフトについては主に前額部のシワについての術式を講演していました。宇津木先生は、『こだわり』の美容外科医で帝国ホテルのタワーに開業されており、術式も『こだわり』の特別な方法でした。学術講演を受けているようでとても興味深い講演でした。

 

次回は脂肪注入についてブログします。

 

今朝の走行距離 10.4 km  カロリー消費 743 kcal 

1/8 美容外科ワークショップ①

2012年1月14日

新年明けて1/8のお昼から、北里大学名誉教授・塩谷信幸先生の美容外科ワーシップが鎌倉で開かれ、参加してきました。

正式名称は、『Shioya Tagliacozzi Workshop』です。

 

 

 

Tagliacozziは人の名前で、著名な形成外科医です。教科書からの抜粋

 ルネッサンス時代16世紀にはイタリアに著名な形成外科医Tagliacozziが現れて形成外科の書を著しています。

イタリア法としてその名前が残っている「上腕の皮膚を用いて鼻を再建する術式」を考案した医師です。





しかし,当時のローマ教会によって

「人体は神の御手により作られたものであり,ヒトの手でこれを作るのは異端である」

と非難されてしまい、その後19世紀までは,ほとんどみるべき進歩はありませんでした。 

 

ワークショップとは、はてなキーワードより

 

 

もともとは「仕事場」「工房」「作業場」など、共同で何かを作る場所を意味していた。

しかし最近は問題解決やトレーニングの手法、学びと創造の手法としてこの言葉が使われる事が多く、あらゆる分野で「ワークショップ」が行われている。

ワークショップ」は一方通行的な知や技術の伝達でなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイルとして定義されている。

ファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営される。

学術大会(日本○○学会)で「ワークショップ」と称する集まりが開かれることも多い。研究者が興味を持っているマイナーな研究分野の研究会であることが多い。

 

 

今回はシワの改善手術フェースリフトと脂肪注入の2つがテーマでした。詳細は次回に。
 
今朝の走行距離 11.5 km  カロリー消費 819 kcal 

寒波襲来

2012年1月12日

今朝はとても寒く、早朝ランニング6時半の時は0.7度でした。さすがにネックウォーマー・帽子・手袋をしてのランニングになりましたが、北風があまり吹いていないためさほど寒くは感じませんでした。明日は氷点下になるとのことです。

1/9にホノルルマラソンの特別番組がありました。2011年の第39回大会は参加人数22615人で、うち日本人は12360名がエントリーしたそうです。気温23度湿度79%で、フルマラソン男子はケニアのニコラス・チェリモが2時間14分55秒で優勝しました。

私は奇跡的に3秒ほどクリスマスイルミネーションを越えた5km地点でテレビに映っていました。途中すれ違った内藤大助さんはかなり前を走っていたと思ったのですが、30kmを過ぎて歩いてしまったようで私と6分違いぐらいの差でゴールしていました。プロビーチバレー選手の浅尾美和さんはさすがで、ペース走をしっかり守って最後も余裕でゴール、4時間10分でした。ちなみに10年連続参加している長谷川理恵さんのベストタイムは3時間15分だそうです。

この最後のゴール前はあんなに応援の人たちがいたのかあまり良く覚えていません。今の日本の冬を思うと夢のような時間に思えました。気づかないところで色々なイベントがあり、ボランティアの人たちがあんなにも多くいたことがわかりました。次回はもっと余裕を持って参加してそれらも含めて楽しみたいと思います。何年後になるやら・・・・・・

 

 

今後、2/6に神奈川マラソンハーフを、2/26東京マラソンフルを、3/4三浦マラソン10kmが控えています。寒波に負けないようトレーニング続けます。フルマラソンの目標は4時間30分台を目指したいと思っています。

 

今朝の走行距離 11.4 km  カロリー消費 811 kcal 

ホノルルマラソン2011 特別番組

2012年1月7日

先月参加したホノルルマラソンをTBSがテレビで放映するようです。僕は内藤さんと細川さんしか見かけませんでした。実際に走って見えた風景と、テレビの画面がどのように違って見えるのか楽しみです。

ホノルルマラソン事務局から参加者へのお知らせです。

 

 

 

 

 

第39回JALホノルルマラソン」TV特別番組のご案内(2012年1月9日午前9時55分よりTBS系列で放送)

年明け2012年の1月9日(月・成人の日)に「第39回JALホノルルマラソン」特別番組が、TBS系列で放送となります。この番組は、世界3大市民マラソンのひとつである、ホノルルマラソンに挑戦するランナー達を描いたスポーツドキュメンタリー番組です。 

今回、ホノルルマラソンに初挑戦するのは、ボクシング元世界チャンピオンの内藤大助さんと、プロビーチバレーボーラーの浅尾美和さん。
先日、惜しまれながらも現役引退を発表した内藤さんが、現役時代から1度は挑戦してみたかったというホノルルマラソン。「第二の人生のスタートを決して楽なものにしたくない!」そう決断した内藤さんの挑戦を、奥様と二人の息子さんが温かく見守ります。
そして、人気ビーチバレーボール選手の浅尾美和さんは「トレーニングの一環として」ホノルル出場を決めたと言います。ロンドン五輪を目指す彼女にとって、このホノルルマラソン出場がステップとなるのでしょうか? 

番組のナビゲーターは、人気俳優の細川茂樹さんと女優の黒谷友香さん。
ホノルルマラソンが、これほどまでに多くのランナーに愛される理由はいったい何なのか?
ランナーだけでなく様々な形で大会を支える人々、特に日本人ランナーと現地ハワイのボランテイアとのふれあいを通じて、ホノルルマラソンの魅力を十分にお伝えします。  

皆さんの雄姿が、番組内で登場する可能性も!
ホノルルマラソンの思い出に、ご家族・お友達とご一緒にぜひご覧ください。

「第39回JALホノルルマラソン」
放送日時
2012年1月9日(月・成人の日)
午前9時55分~10時50分 
放送局
TBS系列5局ネット
TBS東京放送/MBS毎日放送/CBC中部日本放送/RKB毎日放送/HBC北海道放送

 

 

今朝の走行距離 8、0 km  カロリー消費 573 kcal