再生医療と形成外科

2012年12月26日

昨日の続きで、日本形成外科学会理事長で長崎大学医学部形成外科学教授の平野先生のインタビュー記事を抜粋しました。

 

──2013年、一般的に注目する医療界の動きはありますか。

 再生医療はあらゆる領域で格段の進歩を遂げており、他の診療科で行われている再生医療の最前線を知るこ とは大変興味深いものがあります。他の領域で行われている再生医療に形成外科的な技法や知識を加味するとさらに改善するだろうなと思うこともありますし、 逆に、思いもしなかった技術が形成外科に応用できないのかなと思ったりもします。

 前に述べたように再生医療やティシュー・エンジニアリング(組織工学)の分野でも形成外科的な再建が最も早期から対象となっていました。保険で認められている唯一の再生医療は培養表皮移植ですが、既に商品化されています。

注目する医療界の動きは

iPS細胞など再生医療の臨床応用

2013

 これまで、重症熱傷だけに適応が認められていましたが、このような治療を本当に必要としている患者は他 にも存在します。体表のかなりの部分を長い毛を有するアザで占められる有毛性色素性の巨大母斑への治験も始まろうとしています。かわいそうな境遇に置かれ ていたこれらの小児がこのような治療で救われることを期待しています。

 

自家培養表皮移植は、私が20年ほど前に基礎実験と臨床応用していました。培養細胞における臨床応用に関しては形成外科が最先端を経験しているんです。しかし自家表皮細胞の培養で30年近く経って今の現状は、恐ろしく高い治療費にもかかわらず、まだまだ治療成績が安定していない状況です。従って、今話題になっているiPS細胞から分化させて作り出した細胞を、臨床的に応用できるにはまだまだ10年・20年先になるというのが一般的考えです。

守口某の虚偽報告に騙されたマスコミに煽られないよう、注意が必要です。

 

今朝の走行距離7.07km 消費カロりー532.3kcal

形成外科専門医

2012年12月25日

形成外科の専門医について、医師のインターネットサイトに載っていた記事を紹介します。日本形成外科学会理事長で長崎大学医学部形成外科学教授の平野先生のインタビュー記事から抜粋しました。

ーー2013年は、国の進める専門医制度の仕組みが固まる方向です。

 形成外科は他の学会と比べても厳しい専門医認定の仕組みを運用していると思います。形成外科は日本専門 医制度評価・認定機構が認める基本領域の1つで、機構が求める安全安心な医療を提供できる医師としての能力と経験を求めます。修練医師は症例をまとめた研 修記録と書類を提出し、書類審査を受けます。さらに、面接試験と筆記試験も受けます。

 研修記録は、11項目の代表的な症例から8項目以上の症例を提出する必要があります。11項目とは形成 外科に含まれる分野のことで、「新鮮熱傷」「顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷」「唇裂・口蓋裂」「手、足の先天異常、外傷」「その他の奇形」「母斑・血 管腫、良性腫瘍」「悪性腫瘍および関連する再建」「瘢痕・ケロイド」「褥瘡・難治性潰瘍」「美容外科」「その他」に分類されます。本人が執刀したケースに ついて、術前、術中、術後の詳細な資料を出す必要があります。専門医たるにふさわしい治療が行われているかどうかを厳密に審査します

日本形成外科が考える専門医

単純に結果さえ良ければいい、ではない

2013

 単純に結果の良かったケースだけを出せばよいというわけにはいきません。筆記試験は選択肢問題と一部記 述式問題が100題ほど出題されます。面接では、面接官から提出した症例についての手術の内容や派生する問題などの質問を受けます。さらに、提出した症例 以外の臨床的な問題についての質問があり、これらを総合的に評価して合否の判定を行います。合格率は7割から8割ほどになります。

──ハードルが高く、形成外科の人数が増えない点は問題になりませんか。

 日本専門医制評価・認定機構では今後の臨床医は必ずどこか1つの基本領域の専門医を取得することを想定しているようですので、形成外科を行いながらいつまでも専門医になれないという事態は避けねばなりません。

 しかし、形成外科は比較的専門性の高い分野でもありますので、今すぐにハードルを著しく低くすることはないと思います。学会として、若手医師の教育の充実を図りたいと思います。

 

今後、厚生労働省の方針で専門医として認められる資格が制限されるようです。要するに名前ばかりの専門医が淘汰されるようです。そのうちに、新聞で紹介されることになると思います。

 

今朝の走行距離8.61km 消費カロりー602.7kcal

 

再生医療??

2012年12月22日

朝のニュースでとんでもない記事が載っていました。

 

幹細胞治療:福岡の医院、来日韓国人に投与 研究段階、月500人に 法規制なく

毎日新聞 2012年12月22日 東京朝刊

 福岡市博多区のクリニックが、さまざまな病気の治療などをうたい、研究段階にある幹細胞投与を毎月 500人近い韓国人に実施していることが分かった。韓国ではこうした行為は薬事法で禁じられているが、日本には規制がない。幹細胞を使ってさまざまな病気 を治す「再生医療」に期待が集まる中、効果や安全性に議論のある治療法が広がっている実態が明らかになった。(3面に「深層・再生医療」)

 ◇「日本人の前に準備」

 このクリニックは「新宿クリニック博多院」。今年5月、JR博多駅近くの雑居ビルに皮膚科医院として開業した。

 複数の関係者によると、韓国のバイオベンチャー「RNLバイオ」(本社・ソウル)が韓国人に同院を紹介している。R社が培養・保管する幹細胞を、同院で複数の日本人医師が点滴や注射で投与している。韓国人患者の多くは日帰りだ。

 同院で投与に当たる榎並寿男(えなみひさお)医師(65)は「韓国人に、本人の脂肪から取り出した『間葉系幹細胞』を投与している」と説明する。糖尿病や心臓病、関節リウマチ、パーキンソン病など多くの病気を治せるとしている。

 韓国の厚生行政当局や関係者によると、R社は幹細胞の保管料などとして患者と1000万〜3000万ウォン(80万〜240万円)の契約を結ぶ。日本など規制がない外国の医療機関に協力金を支払い、患者を紹介する。

 厚生労働省は10年3月、医政局長名で通知を出し、医療機関が幹細胞治療をする場合は施設内倫理委員会の承認を得ることや、実施後のデータ公表などを求めた。榎並医師によると、同院ではこの手続きを踏んでいない。

 幹細胞治療の 効果や安全性をめぐっては多くの課題がある。動物実験では、幹細胞投与後に血管が血栓で詰まり死ぬ例が報告されている。10年にはR社が所有する京都市内 のビルに開設したクリニックで、幹細胞投与を受けた糖尿病の韓国人男性(73)が、血栓が肺動脈に詰まる「肺塞栓(はいそくせん)」で死亡した。R社は 「患者は来日時にエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)を起こしていたとみられる」と、投与と死亡の関係を否定している。

 

 榎並医師は「ほかに治療法がなく幹細胞に最後の望みを託す患者もいる。今は韓国人対象に勉強も兼ねた準備の段階だが、将来は日本人にも投与したい」と話す。 

 

 新宿クリニック博多院で投与にあたる榎並寿男医師と毎日新聞記者の一問一答(概要)は次の通り。

 Q 何人に幹細胞投与しているのか。

 A 月500人ぐらい。関節炎にしても何にしても、全部効くと思っている。

 Q 金額は。

 A 私たちは(投与を)請け負っているだけ(なのでわからない)。投与しながら勉強している。日本で将来やりたいと思っているのでその準備段階を踏んでいるところ。

 Q 何がどう効いているのか。

 A 難しいことは分からないが、未分化な細胞が入れば若返る。病気も治る。

 Q 国の通知では、幹細胞を治療に使うときには倫理委員会を通す必要がある。

 

 A 日本人は治療していない。韓国の人で勉強させてもらっている。医学の追究ですよ。利益なんてしれて いるが、山中先生は大した人ですけど(治療した人は)ゼロですが、僕なんか喜んだ患者をいっぱい診ている。副作用は考えていないが、長い意味で何年後にど うだと聞かれたらそこまでは分からない。

 

こんなのほとんどというか、完全な詐欺です。再生医療という聞こえのいい言葉を使って、騙して金儲けしているだけです。お金のためです。

しかも韓国人を日本人のモルモットにしているような発言は、医師というよりも人間として最低ですね。今後、この手の怪しい医療を宣伝するところが増えてくるでしょう。

ノーベル賞を受賞した山中教授に泥を塗るようなニュース、本当に怒り心頭です。

 

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal

雨のため休息日としました。

 

 

ある美容サイトからの電話

2012年12月18日

今朝、またいつものことですが怪しいネットサイトからの電話がありました。

なんでも日本全国から、実績・サービスのクオリティーの高いクリニックを選出して表彰しているんだそうです。まあこの時点で怪しいんですが、こちらはそれに対して全くお金をかけるつもりはありませんと伝えると、「初期費用は一切かかりません。ただ、成功報酬型でSEO対策で、検索上位にランキングされた場合それに応じて月3万円からお金がかかります」とわけのわからない説明。とにかく一度お話させてくださいの一点張り。

もちろん断りましたが・・・・・・

後でそこの美容クリニックサイトを見てみるとこんなことが書いてありました。

美容整形クリニック○○ード○○○○」は、実力・実績・評判・サービスのクオリティなど様々な指標に基づいて、各エリアを代表する美容整形クリニックを選出・表彰しています。美容整形を検討している方々に対し、 より適切な情報を開示することによって、納得・満足のいく理想の美容整形がなされることを目的に創設されました。
日本全国で1,200院以上あると言われている美容整形クリニック(美容外科を有するクリニック)から、東京・大阪・愛知・福岡をはじめとする各エリアを代表するクリニックを、 美容整形クリニック○○ード運営委員会の選定基準に則り選定し、表彰しています。

 

いったい運営委員会ていうのは何者??ホントいい加減!!!ただ広告費を出したクリニックをそれらしく載せているだけ。

勝手に全国の形成外科・美容外科の名前を全国多数勝手に自分のサイトに載せて

(うちのクリニックの名前も勝手に入っていました)、いかにもその中から選ばれたようにクリニックを表彰していますが、全くのヤラセですね。特に、体験談など文章もひどいもんです。どうしてこんな詐欺のようなサイトが運営できるんでしょうか??

朝から気分が悪くなる電話でした。

 

今朝の走行距離7.05km 消費カロりー497.2kcal

足裏の痛み 続き

2012年12月14日

昨日は、疲労骨折について調べましたので今日は足底腱膜炎についてブログします。

足底腱膜炎

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとのの前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い。

足の裏には、「足底筋膜」と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨から足指の付け根まで張っている。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜である。丈夫な足底筋膜も、歩行ランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り、炎症を起こす。それが痛みの原因となる。長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨が、とげのように大きくなり、痛みが増すこともある。ランニングなどの過使用による緊張以外には、へん平足、老化によるアーチの低下なども原因となる。長距離走をはじめとしたスポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症することがある。予防には、必要以上に足底筋膜に負担をかけないように、クッション性が高い靴底で、かかとがしっかりしていて、足にフィットする靴を選ぶ

ほぼ9割の人は3ヶ月から3年以内に自然治癒する。足のストレッチをしながら、刺激を避けて自然治癒を待つのが基本。スポーツが原因であれば練習量を減らす。非ステロイド系抗炎症剤湿布薬塗り薬、かかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用する。痛みが強くなると局所麻酔剤の注入や、消炎鎮痛剤を内服するが、生活に支障をきたすほど痛みが強くなると内視鏡下で足底腱膜を切り離す外科手術をする。

 


 

これは、痛みの部位が違うような気がするのですが・・・・

今は歩いていて特に痛みはないので、まずはインソールで対処するしかないようです。整形外科の先生には経度の骨挫傷ではないかとも言われました。

ランニングの練習量を減らしてみます。

 

 今朝の走行距離5、45km 消費カロりー384.6kcal

 

足裏の痛み

2012年12月13日

今回のマラソンの反省記です。

実は、前回も少し兆候があったのですが、12/9のフルマラソンで25km過ぎ辺りから足の裏に痛みを感じるるようになりました。その場所は第2・3趾の付け根(中足骨骨頭)辺りで、その痛みが出てくると踵で走ったり着地方法を変えて何とか走るようにしていました。特に40km手前あたりで一番痛んだと思います。1昨日からランニングは再開していますが、5kmを超えると少しまだ痛みがあるようです。

そこで足裏の痛みについて調べてみました。

該当したのは、足底腱膜炎と足の疲労骨折です。特に骨折が怪しそうです。

足の疲労骨折

疲労骨折は骨に小さなひびが生じた状態で、骨に対して曲げる、ひねるといった衝撃が長期にわたって過剰に加わることでしばしば起こります。

 ランナーは、足の中ほどの骨(中足骨)に疲労骨折を起こしやすい傾向があります。足の第2指、第3指、第4指の中足 骨に最もよく起こります。親指の中足骨は他の中足骨に比べて太く強いため、あまり骨折しません。また、ランナーが地面をけるとき(つま先をけり出す瞬間) に最も力がかかるのは親指と第2指なので、小指の疲労骨折もあまり起こりません。

主な症状は足の前部の痛みで、通常は長時間の運動中、あるいは激しい運動中にみられます。初めのうちは、運動をやめれば数分で痛みはなくなります。しかし、そのまま運動を続けていると練習中に早く痛みが現れるようになり、運動をやめた後も長く痛みが続きます。

治療のため、疲労骨折が治るまでの間は走るのをやめる必要がありますが、代わりに別の運動を行うことは可能です。骨折が治った後は、足をしっかりサポートし衝撃を適度に吸収する運動靴をはき、芝生や柔らかい地面を走ることが、再発の予防に役立ちます。

 

少し心当たりもありますが、普段は全く痛みは感じません。痛くない程度のランニング+インソールを使用して対処したいと思っています。

それでも改善しないときは、友人のS先生のクリニックにを受診になりそうです・・・・・・

 

 今朝の走行距離8.54km 消費カロりー629.8kcal

似顔絵を作りました。

2012年12月12日

久しぶりのブログです。

青島太平洋マラソンについては、また後ほど反省・分析したいと思います。まあ・・・ある程度は思ったように走ることは出来ました。

今回は新しくホームページ用の似顔絵を作りましたので公開したいと思います。

似顔絵は、《マイピクビジネス》に頼みました。名刺に使える似顔絵イラストの制作サービスの会社です。

 

 

そして完成されたイラストがこれです。

FBで公開したら、皆によく似ている流石にプロの仕事と、言っておりました。

プロフィールの写真の頃よりは7kgは減っていると思いますので似顔絵の方が今の状態に近いかもしれません。

ホームページでも使用する予定です。よろしくお願いします。

 

 今朝の走行距離7.40km 消費カロりー557.3kcal