フラクショナルレーザー③

2013年9月25日

本日は、フラクショナルレーザー3回目です。

 

③治療の実際

皮膚麻酔の必要はありませんが、、患者さんの痛みの感じ方には個人差もあります。痛みに弱い方、高出力で照射する場合などには皮膚麻酔を30分から1時間行います。

実際のスターラックス1540の機械です。

先端は15×15mmの間に49箇所のレーザー照射穴があり、全体に冷却されています。

施術は目を守るために、ゴーグルをつけて行います。レンズを肌にしっかり押し当てて照射します。

少し熱く、軽く針を当てられたような痛みを感じます。両側の頬部の治療で7~8分の治療時間になります。

照射直後には、多少ヒリヒリした感じや赤み・腫れ・火照りを感じることがあります。

その後クーリングを15分間行います。オプションで、表皮成長因子(EGF)入のパックや他の成長因子・抗酸化剤の入った美容液の導入も行います。

 

④経過

照射当日は肌が乾燥しますので、洗顔はやさしく洗い流すように行い、照射部には処方した軟膏を多めに塗ってください。火照りを感じた場合には肌を十分に冷やしてください。レーザー照射後2日ほど赤み・乾燥・腫れ・軽い痛みなど感じる方もいらっしゃいますが、およそ3日ほどで沈静化します。

施術翌日よりお化粧いただいて大丈夫ですが、化粧・メイク落としはやさしく行ってください。3日頃より肌の赤みがなくなって行き、細かいカサブタが出来てきます。かゆみを感じることもありますが、こすらずに自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。

5~7日で肌がツルツルした感じになり、お化粧のノリも良くなってきます。その後1ヶ月程度、レーザーを照射した場所の皮膚再生が続いていきますので、しっかりと保湿して、日焼け止めで遮光してください。

 

写真による効果を次回に。

 

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal   久しぶりの完全休養

明日LSD20km予定

北里形成外科フォーラム

2013年9月24日

9/22は、北里形成外科フォーラムに行ってきました。

開業して始めて、5年ぶりです。今回はパネルディスカッションの演者としての参加です。

 

テーマは形成外科と開業医でした。北里大学形成外科OBで開業した5人の形成外科診療についての話でした。皮膚科がメインで一部形成外科の先生、毛髪外来がメインの形成外科の先生、整形外科・内科がメインで一部形成外科美容皮膚科の先生、美容外科のみの先生など、その先生のスタイルにより形成外科医としての開業の診療も色々とあるのだと思いました。私の場合は、形成外科がメイン(6割)で一部美容外科・美容皮膚科(4割)となります。

特別講演では、京都大学形成外科教授の鈴木茂彦先生が人工皮膚・培養皮膚について講演されました。iPS細胞の山中教授の研究室の原点に形成外科も携わっていたことが分かり、とても興味深い講演でした。

 

今朝の走行距離8・84km 消費カロりー591kcal 

鹿児島での朝ランの風景

2013年9月20日

夏期休暇中に、鹿児島の友人の素晴らしい産婦人科のクリニック見学を兼ねて、旅行しました。

その時の朝ランの風景を今日はアップします。

鹿児島妙見温泉の周囲を朝ラン5kmして来ました。

龍馬のハネムーンロードの一部になっていました。

鹿児島百景の犬飼滝でマイナスイオンを浴びながら、トレイルラン。

龍馬とおりょうが浸かったと言われる露天風呂は、川沿いで着替えるところも何もない周りから丸見えの温泉でした。

今はぬるくて入れなし、管理もしていないと、泊まった温泉の人に言われたのですが、帰りにもう一度寄った時にはおじさん二人が浸かっていました。

やっぱり、山深い温泉での朝ランは気持ち良かったです。

 

 

今朝の走行距離6.71km 消費カロりー472kcal 

 

今朝の走行距離6.71km 消費カロりー472kcal 

フラクショナルレーザー②

2013年9月10日

昨日の続きです。

②フラクショナルレーザーの種類と特性

前述のようにフラクショナルレーザーは、レーザービームを点状に照射することによって、正常な皮膚を残し微小な孔を開けることによって皮膚の再生をはかる方法です。

レーザーの波長としては数種類が使用されていて、、組織を蒸散させずに熱影響を与える凝固型フラクショナルレーザーと組織を蒸散させ、その周囲に凝固層を作る蒸散型フラクショナルレーザーがあります。

当院に導入したスターラックス1540は、エルビウム:グラスファイバーによる凝固型のフラクショナルレーザーです。照射部位の組織は熱変性を受けて凝固するため、照射後の出血もなく、赤みの持続は半日から2日程度で、後述の蒸散型より明らかに短く、照射時の痛みも少ない機種となります。

炭酸ガスレーザーとYAGレーザーによるフラクショナルレーザーは蒸散型と呼ばれ、深部まで熱影響を与えることができ効果は期待できる反面、、照射後出血や浸出液が出現し、術後の赤みや色素沈着などの副作用も多く、開発されたばかりで、まだ効果は安定していないようです。

 

 

次回へ続く

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal  ゴルフ打ちっぱなし200球

 

シンスプリント完治

2013年9月7日

7月中旬頃より悩んでいた脛の痛み、シンスプリントが完治しました。

Wikipediaより、

シンスプリントの治療について

足を長期間休めることが第一である。休んでいる間はスイミングエアロバイクを使ってコンディションをキープするのがよい。これは、長期間の休養によってコンディショニングができていない状態で練習を再開すると痛みが再発する恐れがあるためである。

やむを得ず休むことが出来ない場合、足を使った後は入念なストレッチをし、患部に15分ほどアイシングを施す。10分程のアイスマッサージも効果的である。運動時以外にも行うと良い。走り方の改良により快方に向かうこともある。

症状が軽くなったと思いすぐに運動などをすると症状が再発する。

普段のケアとしては、筋肉のストレッチを行って柔軟性を高めたりすることが大切である。また、シンスプリントは土踏まずの部分が下がってきていることも原因の一つなので、土踏まずを上げるためのテーピングも効果的である

 

私が気をつけたこと。

①走る前後にストレッチを確実に

②走り終わったあとに冷湿布

③1回に10km以上走らないこと

④アップダウンの少ないコースを選ぶ

⑤インソールを変えた

 

痛みが消えるまで2ヶ月。長かったです。再発しないようにストレッチ続けます。

 

今朝の走行距離5.72km 消費カロりー376kcal