月間200km

2014年4月30日

今日は、ずっと雨模様で走れませんでした。腰痛もあるため、完全に休養日に当てました。

しかし、これを見越して、昨日は15km走りこみました。そして9ヶ月連続で200km越えを達成しました。

最高月間距離は、去年8月で241.96kmでした。今後は平均ペースを5分40秒に近付けるようにしたいと考えています。

横浜マラソンに向けて始動していきたいと思います。

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal  完全休養日

福岡マラソン②

2014年4月26日

今日の外来は大混雑です。

 

福岡マラソンのコースの写真を貼り付けていきます。

天神スタート

福岡ドームを通り

長垂海岸を通り

九州大学伊都キャンパスを通り

二見ヶ浦へ

そして糸島のフィニッシュへ

 

でも福岡へ帰るのはどうするのでしょうか??

 

今朝の走行距離8.53km 消費カロりー624kcal

まあ何とかなりそうですね。

抽選の結果は6月中旬です。

福岡マラソン①

2014年4月25日

今年のフルマラソンは、福岡マラソンを第一希望にして申込みました。日程は11/9です。しかし、定員が10000人と少ないため、で抽選のようです。抽選結果は6月中旬の発表です。

博多天神から糸島へ海岸線を通った一方通行のコースです。

20km・30km過ぎのアップダウンが気になりますが、平坦な道のようです。

 

11/3が湘南国際マラソンですから、どちらかに参加ということになりそうです。両天秤にかけてどちらかに参加する予定です。

 

今朝の走行距離9.01km 消費カロりー640kcal

長崎:形成外科学会③

2014年4月18日

前回の続きです。

日本形成外科学会の続きです。

扁平母斑・ベッカー母斑(遅発性扁平母斑)のQスイッチルビーレーザー治療についての発表が2演題ありました。1994年にQスイッチルビーレーザーが登場して以来、多くのメラニン色素沈着による色素斑の治療が可能になりましたが、扁平母斑は、高頻度で再発が起こり治療が難しいアザです。これに対して札幌スキンケアクリニックの松本先生と久留米大学の先生が、報告していました。レーザーする時期・間隔・強さなど非常に参考になりましたが、著効率が2割に満たず、有効率も6割5分とまだまだ治療の確立には、時間がかかりそうです。

ニキビ・ニキビ痕に対する治療で、ピーリング(TCA)とスターラックス1540(フラクショナルレーザー)を同時に行う治療について発表がありました。フラクショナルレーザーが嚢胞性ニキビにも効果があるとのことでしたが、それは、ピーリングによるもので、特に相乗効果があるとはあまり思えませんでした。この発表でわかったことは、フラクショナルレーザーはやはり数回以上の治療を必要とするということでした。

 

他には、神経再生誘導チューブ(手足の神経損傷に使用する)が発売されることや、ヒアルロン酸が日本で初めて厚生労働省の認可を受け7月より発売開始になることなど(麻酔薬入りは認可されない)が印象に残りました。

最終日帰り道

亀山社中跡の公園で龍馬像とともに長崎の街を眺めました。

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal 雨のためゴルフ練習100球

長崎朝ラン

2014年4月16日

長崎の宿泊したホテルから、*稲佐山公園まで約5kmの朝ランをしてきました。

*長崎市市街地の西方に位置し、標高が333mと低いながらも、長崎港を見下ろす位置にあるため山頂(展望台)から見える景色は良好で、夜景の名所として知られ、函館函館山神戸六甲山と共に日本三大夜景として位置づけられる。

 

 

6時15分ぐらいから走り始め、6時半には日の出が見えました。

野外ステージが有り、さだまさしや福山雅治がライブをした1万5千人収容の稲佐山公園です。

その展望台から海が見えます。

 

気持ち良い旅行先での朝ランでした。

 

今朝の走行距離5.84km 消費カロりー412kcal

長崎:日本形成外科学会②

2014年4月15日

今回の形成外科学会では、主にレーザー機器と新しい美容施術について発表及び機械展示を回りました。

学会に参加して思ったことを少しずつ紹介します。

レーザートーニングによる肝斑治療はやはり、皆が興味を持つところで、討論がありました。効果が認められる症例も多いのですが、斑に色が抜けてしまい白斑の状態になる悲惨な症例もあるため、現時点では不確定な治療としか思えないと感じました。

多血小板血漿(PRP)療法は、創傷治癒に対してはある程度効果を認めますが、美容治療については皮膚の質感を向上させることはできますが、ボリュームを保つことはできません。従って、シワ改善目的でPRPを使用する場合には、ヒアルロン酸を同時に用いて相乗効果を引き出すことがスタンダードになってくるようです。実際には、比較的柔らかい、架橋されていないヒアルロン酸とPRPを同時に投与して、PRPの効果が発現する1ヶ月間ヒアルロン酸でカバーするということです。当院もこの方針に従って治療していきます。

水光注射に関しては、治療を希望する部位の皮膚に剣山のように穴を開けるダーマローラーの進化した形で、同時にその剣山の針先から各種成長因子やヒアルロン酸を皮膚の浅い層に入れ込むという、韓国から発祥した美容施術です。しかし、これもPRPと同様で、雑誌に効果を大々的にうたっていますが、写真でわかるような改善を認めるものではありませんでした。演者は、写真では伝わらない質感の改善があると言うのですが・・・・・・。この効果については、恐らく皮膚に穴を開けることによる引き締め効果で、針先から注入する成長因子等はあまり関係ないように思います。従って、フラクショナルレーザーを超えるような効果は全く期待できず(深くまで穴を開けれないため)、一時的な流行りもののように思えてなりません。

 

本日はここで終わりたいと思います。

 

今朝の走行距離7.02km 消費カロりー527kcal