クリニックへの奇妙な電話

2015年2月28日

どうやら、昨日のブログがアップされてなかったようですので、1日遅れのブログになりました。

クリニックには医療関係者や患者さん以外にも色々な営業電話がかかってきます。よくかかってくるのが広告の営業や資産運用・投資・マンション購入など怪しい色々なパターンがあるのですが、一昨日かかってきた電話は珍しいものでした。

国際文化交流○○協議会なるところから社会文化功労賞??を受賞したと上品そうな女性の声で電話がかかりました。職員はここでほとんどブロックっするのですが、よくわからないとのことで私の方に電話が回ってきました。

何で受賞したのかさっぱりわからないし、とても怪しげだったのですが、どんなことを言うのか興味もあり、5分ほどお話してみました。もちろんその間ネットでその団体が存在することは確かめながら話を聞きました。先方は、よく知らない皇族の名前や大臣の名前をいろいろ出してきて、自由と平和を願う人々の国際文化交流??の活動をしているらしいのです。(皇族や大臣の名前、よく考えるとほとんど知りませんよね。)

とにかく一度、銀座の迎賓館のそばにある事務所まで来てくださいと言ってきます。決して迎賓館に来いと言っているわけではありません。受賞にお金がかかるのではと訪ねても一切お金はかからないとのことでしたが、怪しさはここでMAX状態です。と、ここまでで聞いて、身に覚えのない受賞をもらう気はないし、限りなく怪しいので2度と電話をかけないで欲しいと言って電話を切りました。

ネットでよく調べると、銀座までおびき出して過去に有名人が何人も受賞している実績を見せ(本当かどうか・・・・)会員に勧誘して1回限りの会費を何十万も取る肩書き商法の団体だったようです。(肩書きを利用して受賞パーティーを開けば参加費で元が取れるとのことです・・・・・・)

まあ、いろいろな商売があるようで・・・・・

 

今朝の走行距離6.45km 消費カロりー439kcal 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルマラソン2週間前

2015年2月25日

いよいよ横浜マラソンが近づいてきました。

スタートはパシフィコ横浜からになります。

今週は三浦マラソン10kmに参加の予定です。去年までは、直前まで不安で走りすぎだった轍を踏まないようにフルマラソン前は、あまり長距離を走らずに

体力温存の作戦で、フルマラソンに挑戦したいと思います。マラソン前1ヶ月前の30km走はしていないのですが、ハーフは2月に2回走っています。

前回のハーフマラソンは自己ベストでした。去年同月よりキロ走行平均ペースは、ビルドアップ走のおかげで20秒以上早くなっています。

この作戦が吉と出るか凶と出るか・・・・・・楽しみです。

 

今朝の走行距離6.45km 消費カロりー439kcal 

クリニック2月の生花

2015年2月24日

毎月月末の届く、1月の生花がクリニックに届きました。

フラワーデザイナーからのメッセージ

もうすぐ桃の節句ですね。

今回は、桃色カラーのテーブルアレンジメントにしてみました。

バラ・イブピアジュとスイトピーからほのかにいい香りがしています。

香りも楽しんで、少しリラックスして頂けますと嬉しいです。

ラナンキュラスは、暖かくなると大きく花開きます。

(バラ・ラナンキュラス・ダリア・ブルースター・スイトピー・ユーカリ・ポリシャス)

 

今朝の走行距離8.20km 消費カロりー545kcal 

 

レーザートーニングの真実

2015年2月23日

日本のレーザー治療第一人者である葛西形成外科:葛西先生が、レーザートーニング治療の危険性・問題点を広めるためにホームページ

『レーザートーニングの真実–業者によって作られた施術–』を立ち上げました。

序文は下記のようになっています。

2008年ころから日本で「肝斑に対するレーザートーニング」が流行し始めました。

QスイッチNd:YAGレーザーというレーザーを、肝斑に対して低フルエンス(低出力)で当てることを、比較的高頻度に繰り返す(1-2週間隔)というものです。肝斑が薄くなるという「ふれこみ」で、全国にかなり普及しています。

筆者は同法が肝斑に対して効果があるとは思えませんでしたので、自分では患者に施行しませんでした。

ところが、同法が流行するのにしたがって、同法で肝斑が増悪したという患者が少しずつ来院するようになりました。患者の症状にはいくつかの共通点があり、これは単なる偶然発生した副作用ではなく、同法に本質的に内在する副作用であると考えられるようになりました。

調べてみると、機械の販売方法・宣伝方法にもかなり問題があることが分かってきました。

業者・学会などにも何回か警告しましたが、あまり実効性のある副作用対策はなされていません。

ところが、2014年ごろから、肝斑増悪患者はものすごい勢いで増加しています。私は、なんとか、この「レーザートーニングによる肝斑増悪患者」の増加を止めたいと考え、このサイトを立ち上げました。

 

ここで語られていることには、美容医療の問題点など刺激の強い内容もありますが、レーザー治療第一人者が語る真実には重みがあります。

そして、私もレーザートーニング治療反対に賛同しております。当院のホームページにもリンクバナーを追加しますので、ご興味のある方はご覧下さい。

 

今朝の走行距離6.75km 消費カロりー466kcal 

梅の花:咲き始め

2015年2月20日

早朝ランニング中、笹下中央公園ではまだ霜柱が降りていましたが、

梅の花が蕾になっていました。

それより標高の30m低い洋光台西公園では梅の花が咲き始めていました。

2月21日に梅の里まつりが開かれるそうです。

春の足音が聞こえ始めてきましたね。

 

今朝の走行距離6.42km 消費カロりー430kcal 

横浜マラソン参加引換証が届きました

2015年2月18日

とうとう昨日に横浜マラソンのナンバープレート引換の案内が送られてきました。

フルマラソンまで1ヶ月を切りました。

今回は、今年に入ってキロ5分30秒のペースを全く崩さずに2回ハーフマラソンを走りました。ある程度筋力は付いていると思います。

毎年、直前まで走り込んだことが多かったので、特に最後の1週間は筋力保ちつつ、体を適度に休めて挑戦したいと思います。

 

今朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal ゴルフ練習56球

武田啓教授就任記念祝賀会

2015年2月17日

2/14に当院で月1回特別外来を担当している武田啓教授就任記念祝賀会が、パークハイアット東京で行われました。

(この日はブログお休みしました)

武田教授の最後のスピーチ場面と

前前教授・前教授と武田先生で3代揃った北里大学形成外科教授の鏡割りの写真です。

 

鏡割りに使われた黄金井酒造の盛升は、北里大学形成外科医局のOB会長が造ったお酒です。皮膚培養の技術を酒造りに役立てたそうです。

ホームページより

 

その昔、屋号を「升屋」と称し、益々繁盛という意を込め「盛升」サカリマスと命名いたしました。清酒「盛升」の洗練した味わいは丹沢山麓より、ふつふつ溢れ出る名水と、厳選され、磨き込まれた酒米、そして伝統の技と酒造りへの時代を超えた変わらぬ情熱で仕上げた物です。

清酒「盛升」で使われる原料米は吟醸や純米などその酒の酒質に合う米を全国各地より厳選し磨かれた。米を使用しています。

また、地産地消の考えから地元厚木産米の「キヌヒカリ」を使用して仕込む「純米酒 伝四郎」創業者の黄金井伝四郎に因み「伝四郎」と命名いたしました。そして創業者伝四郎が井戸を掘り地下水を汲み上げ仕込水として、造り酒屋を興し、その蔵元の地下水は今も滾々と湧き出て現在も醸造に使われています。

地元でないとなかなか手に入りませんが、港南台高島屋には置いてあるようです。

 

 

武田先生おめでとうございました。

 

今朝の走行距離7.44km 消費カロりー516kcal

多血小板血漿療法について

2015年2月10日

当院でも行っている自己多血小板血漿療法(ACR)について、再生医療安全確保法の対象となりました。

厚生労働省ホームページより

1.再生医療等の分類 再生医療等について、人の生命及び健康に与える影響の程度に応じ、「第1種再生医療等」「第2種再生医療等」「第3種再 生医療等」に3分類して、それぞれ必要な手続を定める。 ※ 分類は、細胞や投与方法等を総合的に勘案し、厚生科学審議会の意見を聴いて厚生労働省令で定めるが、以下の例を想定。第1種:iPS細胞等、第2種: 体性幹細胞等、第3種:体細胞等。

2.再生医療等の提供に係る手続

 ○ 第1種再生医療等 提供計画について、特定認定再生医療等委員会の意見を聴いた上で、厚生労働大臣に提出して実施。 一定期間の実施制限期間を  設け、その期間内に、厚生労働大臣が厚生科学審議会の意見を聴いて 安全性等について確認。安全性等の基準に適合していないときは、計画の変更を命令。

 ○ 第2種再生医療等 提供計画について、特定認定再生医療等委員会の意見を聴いた上で、厚生労働大臣に提出して実施。

 ○ 第3種再生医療等 提供計画について、認定再生医療等委員会の意見を聴いた上で、厚生労働大臣に提出して実施

※ 特定認定再生医療等委員会は、特に高度な審査能力と第三者性を有するもの。 ※ 第1種再生医療等、第2種再生医療等を提供する医療機関については、一定の施設・人員要件を課す。 

3. 適正な提供のための措置等 ○ インフォームド・コンセント、個人情報保護のための措置等について定める。 ○ 疾病等の発生は、厚生労働大臣へ報告。厚生労働大臣は、厚生科学審議会の意見を聴いて、必要な措置をとる。 ○ 安全性確保等のため必要なときは、改善命令を実施。改善命令違反の場合は再生医療等の提供を制限。保健衛生上の 危害の発生拡大防止のため必要なときは、再生医療等の提供の一時停止など応急措置を命令。 ○ 厚生労働大臣は、定期的に再生医療等の実施状況について把握し、その概要について公表する。

4. 特定細胞加工物の製造の許可等 ○ 特定細胞加工物の製造を許可制(医療機関等の場合には届出)とし、医療機関が特定細胞加工物の製造を委託する場合 には、 許可等を受けた者又は届出をした者に委託しなければならないこととする。 

 

多血小板血漿療法は、この法律の第3種再生医療の対象となりますので、現在申請書を作成しています。申請のない施設では今後この治療は実施できなくなるようです。猶予期間等ありますので、また詳しいことが分かりましたら、お知らせします。

 

今朝の走行距離7.19km 消費カロりー501kcal

毛髪治療アップデート

2015年2月9日

明日発売の形成外科の月間専門誌ペパーズで、当院の毎月第2水曜日特別外来を担当する武田先生が『臨床で役立つ毛髪治療update』を編集していました。

男性型脱毛症に絞って、実践的な治療について各専門家12名で「執筆されています。

男性型脱毛症の診断から、内科的治療・外科的治療(植毛)、再生医療の可能性まで幅広く網羅してありました。

男性型脱毛症の診療ガイドラインができて5年して、内科的治療も結果がはっきり出てきています。当院でもガイドラインに沿って

フィナステリドとミノキシジルで治療していますが大変参考になりました。

 

より専門的な植毛治療などお望みの方がおられましたら、この本の編集長でもある武田先生の専門外来にご予約ください。

 

今朝の走行距離7.72km 消費カロりー538kcal