ランニングのアンチエイジング効果

2015年6月27日

今月のランナーズに特集されていた、ランニングの『アンチエイジング効果を検証』を要約すると以下のようになります。

 

昨今の予防医学の研究結果では、ランニングがアンチエイジングに圧倒的効果があると話題になってます。

通常は加齢によって減少していく筋肉量が保たれて、大腿四頭筋や腸腰筋などの大きな筋肉が鍛えられることにより

脂肪が燃焼して減少し、若い頃の身体組成のバランスに近づいていきます。

定期的なランニングに加え、規則正しい食事や睡眠習慣を整えることによって、心肺機能や内臓機能も高まります。

もちろん過度なランニングはNGですが、人間は許容出来る範囲のストレスを受けることで、それに対抗する能力が高まり

結果的にプラスになるのです。太陽の光を浴びて、青空を感じながら走ることは、心身ともに健康にする最良の方法と思われます。

 

私も、8年前からランイングを始めて、以前よりはるかに健康になったのを自覚しています。

アンチエイジングにランニングが関係してくる時代になるとは、全く予想していませんでした。

患者さんにアンチエイジング治療をしている私も、胸を張って指導できるようにこれからも実践続けます。

 

今朝の走行距離8.35km 消費カロりー594kcal