皮膚がん②基底細胞癌

2016年11月30日

昨日の続きです。

基底細胞癌

皮膚の上皮(表皮や毛包上皮)から発生する皮膚癌の一種です。皮膚癌の中では最も頻度が高く、かつ、最も悪性度が低い癌と言われています。通常、中年以降の顔面の正中部(外鼻部、下眼瞼部、頬部、上口唇部)に多く発生します。日光暴露、外傷(瘢痕)、放射線、砒素が誘発因子と考えられます。臨床的には、不規則に黒色調を呈する結節状の腫瘤で、ゆっくりと成長しながらしばしば表面がくずれ潰瘍化してきます。放置すると潰瘍は拡大し容易に出血するようになります。転移は稀でその頻度は0.01%ですが、時に局所での浸潤が強い「破壊型」と呼ばれるものがあり、また、顔面発生が多いことから注意が必要です。

治療方法

基底細胞癌に対する治療法の原則は適切な切除です。境界明瞭の結節であれば、辺縁2~3mm離して摘出すれば充分に取り切れます。摘出深度は付属器(毛包)の存在する深さまでですから、顔面の部位により付属器の深さが異なることから切除すべき深度も必然異なります。また、遊離縁(鼻翼部、眼瞼部、耳介部)の発症であれば、through(全層)で摘出を余儀なくされる傾向にあります。さらに、放置期間が長くなり、破壊型やある程度の大きさまで成長したものに対しては、5~10mmの辺縁と皮膚を超える深度(軟骨や骨)までの切除を要する場合もあり注意が必要です。顔面発症の多い腫瘍ですから、機能的にも整容的にも手術には形成外科的手技を必要とします。切除欠損に対しては、小さい欠損の場合には切除縫縮が可能ですが、特に顔面の場合は、目立たない瘢痕とすべく何らかの工夫が必要となります。最も多い再建方法は局所皮弁術で、部位や欠損形/径に応じた様々な方法があります。また、部位によっては植皮術も良い適応になります。

 

朝の走行距離9.11km 消費カロりー619kcal 

腹筋140回

皮膚がん①ボーエン病

2016年11月29日

昨日は、外来・手術が超過密スケジュールでブログできませんでした。

最近の診療で感じることは、皮膚がんの患者さんが多くなったように思います。例年、皮膚悪性腫瘍切除は年に3~7例ですが、今月だけでも皮膚悪性腫瘍切除が5例もありました。当院は入院手術はなく局所麻酔での手術になるため、皮膚悪性腫瘍切除の対象は光線角化症・ボーエン病・基底細胞がんなど、転移を伴わず上皮内癌で切り取って完全治癒できる疾患に限定されます。

今回はその中でも最近多いボーエン病について、日本形成外科学会のホームページより引用して紹介します。

ボーエン病

皮膚は一番表側にある表皮とその下にあるややしっかりした組織である真皮で構成されています。その下が皮下脂肪です。ボーエン病と言うのは皮膚(または粘膜)の表皮内部に生じる癌の一つで、表皮内に病変が留まっているものを表皮内癌と言います。いわゆる早期癌です。ボーエンと言うのは医師の名前です。ボーエン病を生じた皮膚は赤く、時にムラがありますが境界は明瞭で通常は一個だけ生じます。形は円形であったり地図状だったりします。表面はざらざらで細かいフケのようなものが付着していますが、比較的平らです。時に隆起性になることもあります。米粒大の小さなものから手の平ぐらいの大きさやもっと大きくなることもあります。体幹部や下肢、陰部に多く発生します。専門家が診ると診断がつくことが多いのですが、他の皮膚病との鑑別は必ずしも簡単ではありません。また進行すると真皮内に癌が浸潤し体を蝕みます。これも広い意味でボーエン病ですが、区別して、ボーエン癌と呼ぶこともあります。さらに進行するとリンパ節転移や内蔵転移をおこし、ついには死に至ります。

治療方法

 

ボーエン病は初期なら病変を切り取って完治することがほとんどです。手術は病変が小さければ切り取ったあと、傷を直接縫い合わせて閉じることもあります。病変が5センチメートルとか10センチメートル以上ですと切り取った後の皮膚欠損が大きく、複雑な形の皮膚欠損となり直接縫合することはできないこともあります。そういう場合は、植皮術や皮弁形成術で修復が可能です。植皮術と皮弁形成術のどちらが適しているかは患部の状態により決定します。

ボーエン病はきちんと治療すれば完治する可能性が高い病気です。しかし放置すれば死に至たる癌であることを忘れてはなりません。また病変を切り取った後の傷跡に、拘縮や外観の問題が生じることがあります。その場合、形成外科的な手法による改善を検討します。

 

次回は、基底細胞がんについて解説します。

 

朝の走行距離5.96km 消費カロりー391kcal 

腹筋140回

横浜市医師会報 『マラソン』座談会 ②

2016年11月25日

前回の続きです。

楽しい座談会でした。

 

朝の走行距離7.13km 消費カロりー474kcal 

腹筋130回

横須賀シーサイドマラソン②

2016年11月21日

昨日、、横須賀シーサイドマラソンに参加してきました。晴天で気温は15度でした。

スタートまでは暖かく快適だったのですが、走ると日差しが照りつけて暑い!7キロまでは5分を下回るペースでしたが、8・9キロで少しバテてしまいました。最後の1kmは盛り返しましたが、50分は切れませんでした。Tシャツ1枚でも十分だったのに、厚着をして服装で失敗しました。

2500人参加の大会で、2009年1257位、2014年969位でしたが、今年は616位でした。7年で4分短縮して10kmの自己ベストが出ました。練習の成果が出てきたようです。フルマラソンまであと2週間です。

 

朝の走行距離5.42km 消費カロりー348kcal 

腹筋130回

横須賀シーサイドマラソン①

2016年11月18日

今シーズン2回目のマラソンに11月20日参加します。

今回は10kmです。

目標タイムは50分を切ることです。

12月4日のフルマラソンの練習台として、頑張ってきます。

 

朝の走行距離9.15km 消費カロりー614kcal 

腹筋123回

11月の生花

2016年11月15日

クリニックに、11月の生花が届きました。

クリニック入口に飾っておりますので、どうぞご来院の際には、ゆっくりとご覧下さい。

 

 

フラワーデザイナーからのメッセージ

 

チョコレートブラウンのトルコキキョウやバラを基調にして、ブーケを作ってみました。

シックな色合いに深まりゆく秋を感じていただけたら幸いです。

 

朝の走行距離8.74km 消費カロりー576kcal 

腹筋123回

腋臭症治療について②

2016年11月11日

前回の続きです。

ネット上ですので、写真の部分は、全て黒塗りにしてあります。

詳細を知りたい方は、そうぞ診察時にご相談ください。

 

朝の走行距離0km 消費カロりー0cal  大雨

腹筋118