湘南国際マラソン2017年

2017年5月31日

久しぶりのマラソンのブログです。

昨シーズンは、故障もなく、10km・ハーフ・フルマラソンですべて自己ベストが更新できたとても良いシーズンでした。

4月から、今シーズン秋のマラソンエントリーが既に始まっています。私は10月の横浜マラソンのエントリーを終了しました。

そして先週の土曜日27日の20時より湘南国際マラソンのエントリーの受付が開始となりました。昨年は55分で15700人の定員が締め切られた先着順の大会で、ントリーはなかなか大変なのです。

昨年は、友人に任せたのですが今年は自分で、トライしました。30分前までに目的のページまで辿りついて、エントリー開始になるのを待ちます。1分前よりページの更新を繰り返しエントリーのページにたどり着いたのが20時23分で、その後は色々と情報を入力して決算、33分でエントリー終了しました。毎年苦しんで4時間20分をなかなか突破できない大会ですが、今年こそ頑張ろうと思っています。

少しずつマラソンのブログも復活させますのでよろしくお願いします。

 

朝の走行距離9.08km 消費カロりー583kcal 

腹筋270回 

初夏の生花

2017年5月19日

クリニックに初夏の生花が届きました。

クリニック入口に飾っておりますので、どうぞご来院の際には、ゆっくりとご覧下さい。

 

 

 

フラワーデザイナーからのメッセージ

5月の生花をお届けします。

たっぷりのグリーンに白バラ『アバランチェ』のブーケ。

まもなく季節となるアジサイを添えて少し柔らかい雰囲気にしました。

 

 

朝の走行距離6.83km 消費カロりー453kcal 

腹筋250回 

顔面の老化について その3 長期持続性ヒアルロン酸

2017年5月16日

法令線や口周り・マリオネットラインのシワに直接注入する従来のヒアルロン酸(テオシアール)とは違う概念で、先述のMDコードを意識したボリュームロスを改善する目的で、2016年12月に厚生労働省に認可されたヒアルロン酸が、『ジュビダームビスタ ボリューマXC』です。

その特性は

1.長期持続性

 治療効果が約2年間持続し、長期にわたる効果を期待できます。

2.成形性

 優れた成形性により、思い描くラインを実現しやすくなります。

3.低吸収性

 水分を吸収しにくいため、注入時の仕上がりがそのまま維持可能です。

4.リフト力

 解剖学的に効果的なMDコード部位に注入することによりボリュームアップに適したリフト力を維持します。

5.組織親和性 

 注入後の組織親和性が高く、周囲に馴染み自然な仕上がりになります。

 

このようにメスを使わないアンチエイジングは、日々進歩しています。

ヒアルロン酸・ボトックス・スレッドリフト・多血小板療法・各種レーザーなど、その患者さんに適した方法で治療していきたいと思います。

 

 

朝の走行距離9・00km 消費カロりー583kcal 

腹筋250回

顔面の老化について その2 MDコード

2017年5月15日

前回、老化のメカニズムについて解説しました。

ほうれい線やマリオネットライン(口横から下に向かって下がるライン)は、頬の位置が下がったり口周りが痩せて周囲の脂肪が下がることよって生じます。フェイスリフト・糸によるスレッドリフトなど外科的手術によって改善することもできますが、注入療法も効果的です。今までの注入治療では、これらの部位に直接ヒアルロン酸を注入して持ち上げる治療が主流でした。もちろんこの方法だけでも効果はありますが、その周囲にあるシワの原因となる顔面の構造を少し立体的に改善することによって、顔面全体を整えていく治療がブラジルのDR.Mauricioを中心に開発されました。顔のボリュームロスを長期持続性のヒアルロン酸を用いて治療していく方法です。

その際にボリュームを増やすことによって老化が改善する顔の解剖学的な位置を定めたのが、MDコードです。

 

長期持続性ヒアルロン酸については次回に

 

朝の走行距離0km 消費カロりー0cal 左ひざ痛のため休養

腹筋250回