嘆かわしい美容医療トラブル

2017年12月26日

昨日の産経新聞の記事で美容医療トラブルについて掲載されていました。

『しわ取り注射で1千万円 びようトラブルが多発 その手術考えてよく考えて』

記事を抜粋すると

国民生活センターによると、全国の消費生活センターなどに寄せられる美容医療に関する相談は年間約2千件。中でも多いのが、施術料金など費用をめぐる相談だ。診療報酬で金額が決められている一般医療と異なり、美容医療はほとんどが「自由診療」だ。つまり、施術料金は個々のクリニックで自由に設定できる。このため、料金設定の基準が不明だったり、料金が明示されないまま施術を受けて後から高額を請求されたりするなどのトラブルが後を絶たない。とくに60歳以上のシニア世代で、高額な費用を請求されトラブルとなるケースが目立つ。国民生活センターが2011年4月から16年8月末までに寄せられた60歳以上の美容医療をめぐる相談1107件を調べたところ、100万円以上を請求されたケースは339件で3割を占めた。うち34件は500万円以上だった

私のクリニックでも、広告宣伝を見て3万円と書いてあった二重の手術が、麻酔料や特別手術方法などいろいろな料金を上積みして数十万円になったり、包茎手術だけなら数万円なのに長径術・ヒアルロン酸増大術などを上積みして100万円以上請求されたり、シミの治療で効果のないレーザーを10回購入したら半額にするからと数十万を請求したりなど、とても医療機関とは思えない悪徳美容外科・美容皮膚科がまだまだ存在しているようです。

33年前私が北里大学形成外科に入局した時にも問題となっていた美容医療の怪しさが今でも繰り返されていることが、とても嘆かわしく残念です。歴代の形成外科の教授たちは、このような美容外科を駆逐して適正な美容医療を実現できるように努力しております。

私のクリニックも微力ながらその実現に協力して、形成外科専門医としての経験と技術・知識を患者さんに十分に説明させていただき、エビデンスに基づいた安全で確実な適正価格の治療を行っていきたいと思います。

 

朝の走行距離8.73km 消費カロりー513kcal 

腹筋123回