金環日食

2012年5月21日

今日は、どのテレビ局も金環日食の特番でした。

太陽の手前に月が重なり、太陽が金色のリング状に光って見える金環日食が2012年5月21日午前7時半前後、九州南部から東北南部の太平洋側で観測され た。他の地域でも、太陽の一部が欠けて細い三日月のようになる部分日食が午前6時すぎ、沖縄から始まった。写真は東京で観測された金環日食(21日午前7 時34分、東京・銀座)。
 国立天文台によると、国内で金環日食が観測されたのは1987年9月23日の沖縄以来、約25年ぶり。日本の広い範囲 では平安時代の1050年以来。金環日食は最長で約5分間、部分日食は同3時間弱続いた。国内で次に金環日食が観測可能なのは、2030年6月1日の北海 道(2012年05月21日) 【時事通信社】

朝6時にランニングし始めた頃は、雨で完全に観測は諦めていましたので、日食グラスも買いませんでした。そしてテレビのモーニングショーを見ていたのですが、一番リングがきれいに見えたところで自宅から上空を見上げると雲の向こうにきれいなリングが見えていました。直視が可能なほど雲がかかっていたので本当にラッキーでした。まさに友人の島倉先生が写した下の写真のように見えました(FBより)。

もう生きてる間に直接に見ることはないようです。

 

 

今朝の走行距離 8.19km 消費カロりー 624.9kcal     

(Runmeterより)