新専門医制度

2016年4月27日

乱立する専門医を整理するため、日本専門医機構が19の基本診療科を正式な専門医として認めて2017年度より適用される事になったのですが、なかなか各診療科足並みが揃わず、大混乱となっています。いち早く対応した学会は、産婦人科・病理・形成外科・リハビリテーション科なのですが、内科は学会の対応がまとまらず、未だにいつ始められるのかわからない状況です。

日本専門医機構専門医になると、専門医を更新するためには5年間で決められた50の単位獲得が必要になってきます。それには、学会参加・発表や論文の数、及び診療実績の提出に加え、決められた講習会に年7回以上参加しなければなりません。その講習会の参加制度が、私たち開業医にとっては負担になるのですが、そうも言っておられず4/13~15クリニックを休診にして単位を獲得してきました。しかし、本当に勉強したい学会講義が聞けずに、単位獲得のための学会参加になり、専門医機構が考える専門医教育の趣旨が本末転倒のようになってしまっていました。学会参加人数も本部が予想していた以上に大幅に増えて、講習会会場が狭くて中に入れなかった講義もあり、主催者側と参加者が怒号で揉めている状況も目の当たりにしました。

今後、この混乱はかなり続くような気がします。内科が、いくら反対してもこの制度はすでに走り始めていますから、専門医である私たちが対応していかなければならないのです。開業医は、一人院長が多いため、この精度は辛いです。今後専門医を更新しない先生方が増えると思いますが、何とか踏ん張って更新したいと思っています。

 

朝の走行距離6.51km 消費カロりー430kcal 

腹筋56回