スターラックスMaxG

2014-07-19

スターラックスMaxG

血管性病変(赤ら顔・毛細血管拡張症・血管腫など)からソバカス・ニキビ後炎症性色素沈着にまで有効な治療器のスターラックスMaxGが、7/22より導入されます。

スターラックスの特性や治療効果・施術後ケアなどについて説明します。

 

毛細血管拡張・血管腫や赤ら顔などの赤い血管性病変は、保険診療で 波長が585nmのダイレーザーや595nmのVビームレーザーで治療されています。しかし、治療後1~2週間は下の写真のように紫斑や内出血が起こりやすいことが問題点でした。

今回導入するMaxGは、上記2種のレーザーに比べて効果が弱いものの、赤い病変に対して紫斑を作らずに治療が出来るという利点がある治療器です。

MaxGの特徴

MaxG で照射される波長は、500~670nmのヘモグロビンに吸収される波長帯と870~1200nmの皮膚内への浸透度が高い二つの波長帯にエネルギーを フォーカスしています。これは、デュアルバンドフィルター・2枚のフィルターを用いることによって二つの波長帯へピークをシフトすることができるように なったのです。

500~670nm

浅い部分の小中血管に選択的に吸収されて、目的の血管の破壊を行います

870~1200nm

皮膚内への深達度が高いために、比較的深在性の血管病変の治療に多く利用されます

 

 

治療効果

①赤ら顔・毛細血管拡張症

頬部赤ら顔に対して、下がMaxG1回目施術後25日目の写真です。

個人差がありますが、3~5回(1ヶ月間隔)の施術が必要です。

 

←「」前の記事へ
次の記事へ「」→