美容医療広告規制2

2018年6月19日

6月も半ばを過ぎて、ネットの医療広告規制は効果を発揮しているようです。大手の美容クリニックはこぞって、規制に従うようなホームページにリニューアルしています。これもネットパトロールが大きな貢献をしています。前回のブログで書ききれなかった詳細を紹介します。

一般財団法人「日本消費者協会」に、医療機関のウェブサイトを監視する「医療機関ネットパトロール相談室」があり、10人前後のスタッフがパソコンで医療機関のサイトをチェックして、嘘や大げさな表現がないか確かめています。ネットパトロールは、改正医療法の成立を機に、同協会が厚生労働省の委託を受けて、昨年8月からすでに実施されています。12月までに730のサイトをチェックし、112の医療機関に改善を通知した実績があります。複数回の通知でも改善されなければ、6月からは都道府県などに情報を提供して、都道府県が立ち入り検査や、中止・是正命令も行える権限を持っています

医療機関ネットパトロールは、http://iryoukoukoku-patroll.com/ (電)03・3293・9225となっています。

 

規制される内容も明確化されて、禁止される表現は、

①「絶対安全な手術です!」などの「虚偽広告」

②科学的根拠の乏しい治療法の効果を強調する「誇大広告」

③最高の医療を提供しています」などの「比較優良広告」

④個人の主観に基づく「体験談」

⑤費用やリスク、治療内容の詳細のない「施術前・施術後の写真」-など。

 

違反した場合には6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科されます。

また、医療機関のサイト以外にも対象を拡大して、特定の医療機関からの広告料などで運営される「ランキングサイト」や「口コミサイト」、個人が報酬を受けて医療機関などを推奨するステマブログ(ステルスマーケットいわゆる客寄せの『サクラ』)も規制の対象になるようです。

 

美容医療が、医療として節度を持って正常化されるのは大歓迎です。今後の美容医療のネット広告に注目してみてください。

 

朝の走行距離8.99km 消費カロりー536kcal  

腹筋0回 腰痛のため休養中

キッザニア東京

2018年6月16日

こんにちは。木曜担当 井上です

先日、こども達をキッザニア東京に連れて行きました!

私が子どもの頃にこんな素敵なところがあれば!!と思うような施設!

色々な職業が体験できます

外科医や救急救命士、薬剤師、消防員からマジシャンまで!!

待つのも社会性を育てる要因なので、子どもだけで待ちます。

大人は完全に部外者。

子どもが出歩かない夜町並みの中で、様々な職業体験をして、お給料をいただきます。

みずほ銀行でキャッシュカードを作り、預け(しかも利率10%!私も預けたい!!!)

引き出せば三越デパートでお買い物もできます!

しかし、そこは社会の縮図。

安易な値段では買えません。働いて、貯金して貯めてやっと買えるのです。

素晴らしいシステム。

ただ、大人はついていき、立ちっぱなしなので結構疲れます。

子どもだけで回れる年頃になれば楽出来そうですが。

こんなに色々体験できたら、今の職業になってなかったかなぁ、、

いや、とっても充実して大好きな仕事なので、私はやっぱり形成外科でよかったです!

でも、今の子どもたちは幸せだなぁ!

ソーセージつくったり、鉛筆作ったり、牛乳石鹸作ったりしました!

どうやって製品が作られるのかを体験できるって素晴らしい!!

 

美容医療広告規制

2018年6月12日

皆さんご存知でしょうか?

本年6/1から医療機関の広告規制がスタートしました。

医療機関のウェブサイトでウソや大げさな広告を罰則付きで禁止する改正医療法が始まったのです。

特に『絶対安全』・『有名人も宣伝しています』など不適切宣伝が横行してきた大手の美容外科を中心に、規制を強化して健康被害がないよう改正したのです。

 

私の恩師塩谷先生のエイジングスタイル(インターネットサイト)での6/1のコラムの一部を紹介します。

「この手術は絶対安全」とか、自分の腕は「日本一」とか言った虚偽、誇大広告は今日を限りにおさらばです。

違反したクリニック、医師はこれからは刑事罰を受けるかもしれません。これまでも医療広告は医療法による規制があり、広告可能な内容には厳しい規制がかけられていました。
でも、現実には美容クリニックのテレビ広告など、眼に余る誇大広告が氾濫してきたのも事実です

更にネットの世界では、クリニックのHPを含め、規制から除外されてきました。それが、今回の法改正では、ネットにおける広告として、HPを含めSNSなども全て規制の対象となったのです。そのため厚労省は消費者庁と共同で、既にネットパトロールを立ち上げ、違反者には行政指導、行政処分、場合によっては刑事罰を科すことを始めました。

具体的には
1:患者の体験談はタレント、モニターなどを含め全てご法度
2:術前術後のフォト掲載も原則禁止
3:虚偽、誇大広告

例えば「絶対安全」という表現は虚偽とみなされます。医療に絶対安全はありえないからです。
また「比較的安全」も誇大になります。何と比較してかが曖昧だからです。
また安値で患者を釣っておいて、手術台に乗ってから価格を十倍百倍に吊り上げる、いわゆるベッドサイド・ビジネスもアウト。これはもう虚偽、誇大を超えて詐欺の世界ですね。
この改正法は今日から施行されますが、行政が全てに目を通すことは不可能です。一般の方々も、目に余る違法行為に気づかれたら、ぜひ以下にご連絡ください。ネットパトロールが迅速に対処してくれるはずです。

[執筆/編集長 塩谷信幸

 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表

私のクリニックのウェブページは、誇大広告もしていませんし、フォト掲載については詳しい説明を付け加え完全に対処しています。

以下次回に

 

朝の走行距離0km 消費カロりー0kcal  腰痛のため休養中

腹筋0回 

 

 



日本形成外科学会参加④

2018年5月15日

前回の続きです。

注入療法の中でもヒアルロン酸の注入は、シワの治療を中心に最も広く使用されています。しかし特定の危険部位、下眼瞼・鼻・眉間などでは、動脈塞栓による皮膚壊死・失明・脳梗塞などの合併症が非常に低い頻度ですが起こりうる可能性があります。講演の追加発言で、ベテランの有名な形成外科医師が、隆鼻術のためヒアルロン酸を注入した際に起こった動脈塞栓による失明の経時的経過について報告していました。非常に恐ろしく、稀にしか起こらない合併症に対して、ヒアルロン酸を溶解するヒアルロニダーゼの注入・ステロイド・末梢循環改善剤の投与などあらゆる手段を講じて対処する一部始終が映し出されていました。その真摯な対応に感動しましたが、結局視野欠損が残ることになり、会場も静まり返るような報告でした。

私は、ヒアルロン酸の注入合併症の経験はほとんどありませんが、このことも踏まえ、安全性を重視して当院では鼻や眉間へのヒアルロン酸注入は全面的に取りやめることしました。隆鼻には手術、眉間にはボトックスのみで対応したいと思います。

また、ヒアルロン酸の大量注入による変形や皮膚壊死、ヒアルロン酸以外の非吸収性物質の入った未認可注入物の危険性なども、今改めて、見直されています。派手な宣伝に惑わされず、安全な美容治療を患者さん自身が選択する時代でもあります。

安全で、確実な美容医療を提供できるようにスタッフ一同、日々精進したいと思います。

 

朝の走行距離10.06km 消費カロりー542kcal 

腹筋123回 

ご無沙汰しています

2018年4月26日

木曜担当の井上です

随分ブログをご無沙汰してしまっていました!

ブログ一時お休みしていたのは、ありがたいことにめっちゃくちゃクリニックが忙しかったのもあります!

本日、お昼前のオペがキャンセルになり時間ができました!

その間、私も色々お勉強、進化を遂げています!

まずお知らせしたいのが美容鍼 

フェイスリフトしたいけれど、オペは怖いし、注射もな~、なんて方

今度同窓会やみんなで集まるけど少しでも引き締めて小顔に!なんてお方!

切らずにフェイスリフトしてみませんか?

木曜、井上が担当してます!

写真はブログで出せないので、是非、クリニックで聞いてください!

私も自分にやっていますよ!

少しずつのお手入れで、大きな施術をしなくて済むように、が私のモットーです!

ぜひ、ご興味があったらいらしてくださいね。