2019年度診療実績

2019年度(1~12月)診療実績
初診患者数 1785名
手術件数 1305例
レーザー治療・光治療 923例
ヒアルロン酸・ボトックス 137例
トレチノイン治療 298例
手術件数1305例は、形成外科保険手術984例、美容外科・美容皮膚科手術321例でした。
形成外科保険手術984例の内容
良性腫瘍摘出術 777例
外傷による縫合 71例
眼瞼下垂手術 35例
陥入爪手術 23例
皮膚悪性腫瘍切除術 8例
その他
   
(2019年度について)
①昨年度と比較して、新患数・手術件数はほぼ同数でした。
②形成外科保険手術は、良性腫瘍摘出術が全体のおよそ8割で、昨年度と比べて50例近く増加していました。眼瞼下垂については、例年より少ない症例数でしたが、保険適応のない自費での上眼瞼たるみ取り手術は増加していました。
③美容外科・美容皮膚科手術は、アクロコルドン・顔面多発性脂漏性角化症除去術、重瞼埋没法、上眼瞼たるみ取り、眼瞼美容手術、鼻美容手術、瘢痕修正術、フェイスリフトなどが行われていました。
④レーザー治療・光治療は昨年より2割増え、ヒアルロン酸・ボトックス・トレチノイン治療は例年通りでした。
形成外科専門医・皮膚外科専門医として、形成外科保険診療と安全でエビデンスのある美容外科・美容皮膚科治療を提供できますように 今後ともスタッフ一同精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。    
PAGE TOP