メディカルエステ

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛の作用、特徴

当院の脱毛治療器は世界で最大のシェアを持つ米国のレーザー企業であるサイノシュアー社製ダイオードレーザー(ベクタス)です。

スキンタイプ、毛の色、毛の太さ、毛の密度などを細やかに設定できるため、メラニンの多い日本人の肌にも安全に照射でき、当てムラのない大口径の照射ヘッドでスピーディな脱毛を可能にしました。


ダイオードレーザーより照射される800nmの光が毛包バルジ領域のステムセル(発毛を促す基になる細胞)を破壊します。

また、照射ヘッドにコンタクトクーリングを採用しており、痛みに弱い方でも安心して背術を受けることができます。


エステ脱毛との比較

レーザー脱毛は医療行為です。医師法17常により、医師の管理下にある医療機関にのみ許可されている治療です。
医療用レーザーはエステや脱毛サロンで行われているレーザー類(光脱毛など)とは全く異なります。


方法

4-8週間隔で繰り返し(5回程度)行うと効果的です。
1クール(5回程度)治療後も継続して治療を行うとさらなる改善が認められます。

種 類 針脱毛 光脱毛(エステ) 医療レーザー脱毛
施 術 毛穴に絶縁針を通して毛根を焼いて破壊 ジェルと光の相乗効果で制毛処理 レーザー光を肌表面に当て毛と毛根を処理
安全性 しっかりした医療機関で行うなら安全 医師不在の脱毛は安全とはいえない 医師の監督と指示のもと行う為安全
痛 み かなり強い痛み 一瞬軽い痛みを感じる程度 強力な冷却効果でほとんど痛みなし
時 間 約15秒で1本ずつ両わきで約2時間 1秒で約100本両わき10分 1秒で約200本両わき3分
皮膚への
侵襲
治療直後は針の刺し跡と腫れがある1週間は目立つ 医師の監督下でないものは、やけど等の危険性あり ほんのりとした赤みがある

PAGE TOP