美容外科

顔に関する診療

スレッドリフト

特殊な糸で、顔や首のたるんだ組織を引き上げる方法をスレッドリフトと言います。手術とは違いダウンタイム(処置から回復されるまでの期間)が少ない方法として、近年注目され、年々発展しています。
当クリニックでは、円錐状の吸収性コーンのついた3Dリフトを用意しています。

フェイスリフト(SMAS法 ミニリフト)

東洋人は西洋人と比べて皮膚が厚いため、老化はしわというよりもたるみという形で現れます。
このことを考慮して、顔の表在性筋膜(SMAS)を利用したフェイスリフトを行います。
皮下の剥離範囲を小さくしてダウンタイムを少なくした、頬部のみを引き上げるミニリフトもあります。

咬筋肥大(ボトックス)

ボトックス(ボツリヌス菌の毒素)を肥大した咬筋に注射することにより小顔することができます。

PAGE TOP