形成外科

アザ・太田母斑・ADM・扁平母斑・蒙古斑

あざ、青あざ、茶あざ

アザ・太田母斑・ADM・蒙古斑

レーザー治療が基本となります。当院には、皮膚の深くまで達することのできるQスイッチルビーレーザーを設置してあります。


Qスイッチルビーレーザー

あざの原因となるメラニンに対して、選択的に吸収されるレーザー光線を使って病変部のみを治療します。保険適用のあるあざの病名は、太田母斑・異所性蒙古斑・扁平母斑などです。
※シミの治療は自費診療になります。
当院には、皮膚の深くまで達することのできるQスイッチルビーレーザーを設置してあります。正確にシミを診断して、適切なレーザー治療を行います。
日本の株式会社エムエムアンドニーク製の医療承認機器で、保険適応の太田母斑・蒙古斑から、自費診療の老人性色素班・脂漏性角化症まで幅広くアザ・シミ治療に応用されています。

治療のメカニズム

シミ・アザ シミやアザは皮膚のメラニン色素の異常な増加によって生じます。増加の度合いや深さにより茶・青・黒に見えます。
レーザー照射 ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、正常組織のダメージを最小限に抑えながら、メラニン色素を選択的に破壊します。
色素の排出:吸収 破壊された色素は、皮膚の浅い部分にある場合は、数週間のうちに体表に排出されます。皮膚の深い部分の色素は、数ヶ月のうちに組織に吸収されます。
治療後 破壊された色素の排出・吸収が進むにつれて、シミ・アザのない正常な肌に近づきます。

PAGE TOP